現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には102件の情報があります。

  • 国民宿舎能登やなぎだ荘(公共宿泊施設)

     

    能都庁舎 国民宿舎能登やなぎだ荘 2017年10月19日(木曜日) 10時03分

  • 秋の味覚と「能登牛」肉まつり in 能登町

     きのこなど秋の味覚イベントに「能登牛」のBBQコーナーを設けてバージョンアップします!能登町を味わい尽くそう!!

    日時 平成29年10月22日(日)午前10時~午後2時
    場所 柳田植物公園特設会場
    内容
    ◆味覚市(野菜、きのこ等展示販売)
     味覚市(フリーマーケット)出店者募集!

    ◆テナント市(秋の味覚料理、能登牛など各種食のテナント)

    ◆林業市(林業商品販売など)

    ◆秋の味覚市ランチ(...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年9月25日(月曜日) 00時00分

  • のっとりんのラインスタンプができました!

    「LINE(ライン)」のクリエイターズスタンプに能登町イメージキャラクター「のっとりん」が登場!
    気持ちを表すスタンプや方言を利用したスタンプなど40種類が利用できます。
    ぜひダウンロードして、のっとりんをみなさんのLINE会話の中で使用して盛り上げてください!

    ※LINE(ライン)・・・LINE株式会社の運営する無料通信アプリ

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年9月6日(水曜日) 14時00分

  • 小木袖キリコ祭り

     能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん。クライマックスでは、9基のきりこが御船神社に向かう急で細い坂道を押し上げられるなど、その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭り。

     明治11・12年、社頭造営に曳き出した。当時のキリコは巨大で西町、東町などは幅は十一間、高さ四間半であったが、大正3年、電灯線が架設されたので現在のように小さくなった。奉燈キリコは能登一円に多くあるが、小木...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年8月31日(木曜日) 17時51分

  • 小木袖キリコ祭り

    能登半島では珍しい奴凧を思わせる形の大あんどん。クライマックスでは、9基の袖キリコが御船神社に向かう急で細い坂道を押し上げられる。その強さと迫力は漁師町ならではの勇ましく迫力ある祭り。

    明治11・12年、社頭造営に曳き出した。当時のキリコは巨大で西町、東町などは幅は十一間、高さ四間半であったが、大正3年、電灯線が架設されたので現在のように小さくなった。奉燈キリコは能登一円に多くあるが、小木袖キリ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年8月31日(木曜日) 17時51分

  • 柳田大祭

     明暦年間(1655~1658年)、加賀藩から派遣された十村役源五が地域住民の活気と団結を固くするために、数多くの氏神、地神、祠などの統合を進めて祭礼を盛んにしたという記録がある。この事が旧柳田村がキリコ祭りの発祥の地であるかも知れないという考えの源になっている。神社の単位を大きくし祭りを盛んにしたという事から、キリコまつりが起こったのではと想像される。
     明治40年(1907年)から明治44年(...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年8月17日(木曜日) 08時42分

  • 柳田大祭

    明暦年間(1655~1658年)、加賀藩から派遣された十村役源五が地域住民の活気と団結を固くするために、数多くの氏神、地神、祠などの統合を進めて祭礼を盛んにしたという記録がある。この事が旧柳田村がキリコ祭りの発祥の地であるかも知れないという考えの源になっている。神社の単位を大きくし祭りを盛んにしたという事が、キリコまつりが起こったのではと想像される。
    明治40年(1907年)から明治44年(191...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年8月17日(木曜日) 08時41分

  • 能登町総合観光パンフレット「のっとらべる」

     能登町の総合観光パンフレット「のっとらべる」。

     能登町自慢の観光スポットや、祭り、食、宿泊施設などが盛りだくさんに紹介されています。こちらへお越しの前に、あらかじめご覧頂けると、より一層能登町が満喫できます。
     下記よりダウンロードしてご利用ください。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年7月20日(木曜日) 17時14分

  • 恋路火祭り

    恋路の海に伝わる悲恋の二人を慰めるかのように、赤々と燃えるかがり火が夏の夜空を焦がす。
    沖に浮かぶ赤い鳥居の弁天島、美しい白砂の浜辺。恋の物語の舞台にふさわしく、この世ではかなわなかった二人を慰めるため幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが舞う。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年7月13日(木曜日) 08時38分

  • 松波人形キリコ祭り

    各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合う。
    題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩く。

    文化8年(1811年)松波袋町の若連中が張本となり、近くの若手と組して長さ6間8寸のキリコを買ってきて、ナカフクに狂歌・鳥羽絵などを描き、太鼓・笛・鐘などを打ち鳴らして若衆が威勢良くキリコを祇園祭に担ぎ廻った。文化10年から文政元年にかけて他町...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年7月13日(木曜日) 08時38分