現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には108件の情報があります。

  • 国民宿舎能登やなぎだ荘からのお知らせ

    ■入浴休止のお知らせ
     源泉機器改修工事のため入浴することが出来ません。

     ≪入浴できない期間≫
     平成30年9月25日(火)から
     平成30年9月30日(日)まで
     ※入浴を伴わない予約は受け付けていますのでお問い合わせください。


    ■臨時休館のおしらせ
     次の期間を臨時休館とさせていただきます。

     ≪臨時休館日≫
     平成30年10月1日(月)から
     平成30年10月2日(火)まで


     ...

    能都庁舎 国民宿舎能登やなぎだ荘 2018年9月25日(火曜日) 11時53分

  • 秋の味覚と「能登牛」肉まつり in 能登町

    秋の味覚と能登牛を能登牛の里で味わおう!

    秋の味覚と「能登牛」肉まつりin能登町を10月14日(日)に開催いたします。
    「全国凧あげ能登大会」も同日開催!
    昨年から「きのこ」など秋の味覚に「能登牛」が加わってパワーアップしました。盛り沢山のイベントとなっております。

    日時:平成30年10月14日(日)午前9時30分~午後2時
    場所:柳田植物公園お祭り広場特設会場ほか

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年9月22日(土曜日) 00時00分

  • 金沢⇔能登 レンタカーキャッシュバックキャンペーン

    金沢⇔能登を旅するならフットワークの軽いレンタカーがオススメ!
    この機会にぜひ、能登町にお越しください!!

    能都庁舎 企画財政課 2018年8月30日(木曜日) 18時15分

  • 柳田大祭

    明暦年間(1655~1658年)、加賀藩から派遣された十村役源五が地域住民の活気と団結を固くするために、数多くの氏神、地神、祠などの統合を進めて祭礼を盛んにしたという記録がある。この事が旧柳田村がキリコ祭りの発祥の地であるかも知れないという考えの源になっている。神社の単位を大きくし祭りを盛んにしたという事が、キリコまつりが起こったのではと想像される。
    明治40年(1907年)から明治44年(191...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年7月30日(月曜日) 16時38分

  • 柳田大祭

     明暦年間(1655~1658年)、加賀藩から派遣された十村役源五が地域住民の活気と団結を固くするために、数多くの氏神、地神、祠などの統合を進めて祭礼を盛んにしたという記録がある。この事が旧柳田村がキリコ祭りの発祥の地であるかも知れないという考えの源になっている。神社の単位を大きくし祭りを盛んにしたという事から、キリコまつりが起こったのではと想像される。
     明治40年(1907年)から明治44年(...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年7月21日(土曜日) 11時52分

  • にわか祭

    能登鵜川の地で古くから伝わる漁師の祭礼「にわか祭」。
     鵜川の2つの台網(大敷網)である、下の網(海瀬組)と上の網(馬場組)の男たちは、不漁や海難事故が続いたため、海の女神、市杵島姫命(弁財天)を祀る海瀬神社に豊漁、海上安全を祈り、行燈に凛々しい武者の絵を描き威勢よく担ぎ祭神を慰めた。
     以来、漁業に栄えた鵜川の漁師たちが祭礼に使われた御幣や武者絵をそれぞれの船や神棚に豊漁安全のお札として飾る風習...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年7月20日(金曜日) 17時15分

  • にわか祭

     能登鵜川の地で古くから伝わる漁師の祭礼「にわか祭」。
     鵜川の2つの台網(大敷網)である、下の網(海瀬組)と上の網(馬場組)の男たちは、不漁や海難事故が続いたため、海の女神、市杵島姫命(弁財天)を祀る海瀬神社に豊漁、海上安全を祈り、行燈に凛々しい武者の絵を描き威勢よく担ぎ祭神を慰めた。
     以来、漁業に栄えた鵜川の漁師たちが祭礼に使われた御幣や武者絵をそれぞれの船や神棚に豊漁安全のお札として飾る風...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年7月20日(金曜日) 17時07分

  • 能登観光情報ステーション たびスタ

    観光情報、観光施設、イベント、特産品

    能都庁舎 能登観光情報ステーション たびスタ 2018年6月15日(金曜日) 14時23分

  • 松波人形キリコ祭り

    各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合う。
    題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩く。

    文化8年(1811年)松波袋町の若連中が張本となり、近くの若手と組して長さ6間8寸のキリコを買ってきて、ナカフクに狂歌・鳥羽絵などを描き、太鼓・笛・鐘などを打ち鳴らして若衆が威勢良くキリコを祇園祭に担ぎ廻った。文化10年から文政元年にかけて他町...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月11日(月曜日) 09時04分

  • 恋路火祭り

    恋路の海に伝わる悲恋の二人を慰めるかのように、赤々と燃えるかがり火が夏の夜空を焦がす。
    沖に浮かぶ赤い鳥居の弁天島、美しい白砂の浜辺。恋の物語の舞台にふさわしく、この世ではかなわなかった二人を慰めるため幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが舞う。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月11日(月曜日) 09時02分