現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には107件の情報があります。

  • 能登観光情報ステーション たびスタ

    観光情報、観光施設、イベント、特産品

    能都庁舎 能登観光情報ステーション たびスタ 2018年6月15日(金曜日) 14時23分

  • 今年の夏は能登町の海へGO!!

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月15日(金曜日) 09時17分

  • 松波人形キリコ祭り

    各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合う。
    題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩く。

    文化8年(1811年)松波袋町の若連中が張本となり、近くの若手と組して長さ6間8寸のキリコを買ってきて、ナカフクに狂歌・鳥羽絵などを描き、太鼓・笛・鐘などを打ち鳴らして若衆が威勢良くキリコを祇園祭に担ぎ廻った。文化10年から文政元年にかけて他町...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月11日(月曜日) 09時04分

  • 恋路火祭り

    恋路の海に伝わる悲恋の二人を慰めるかのように、赤々と燃えるかがり火が夏の夜空を焦がす。
    沖に浮かぶ赤い鳥居の弁天島、美しい白砂の浜辺。恋の物語の舞台にふさわしく、この世ではかなわなかった二人を慰めるため幻想的な松明が灯り、勇壮なキリコが舞う。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月11日(月曜日) 09時02分

  • 松波人形キリコ祭り

     各町内から出されるキリコの前面に人形を飾り、その出来栄えを競い合います。
     題材は歴史上の一場面や、その年々話題になったものなど様々で、勇壮に町内を練り歩きます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月8日(金曜日) 20時20分

  • 恋路火祭り

    <恋路に伝わる伝説(「能登名跡志」より)>
    多田の里の女と木郎の里の男が毎夜会っていた。男は磯伝いにたどり、女は月の出ない夜には岩の端でかがり火をたいて待っていた。ところが他に横恋慕する男がいて、女を縛り、かがり火を所を変えて焚いたので、会いに来た男はあやまって磯の深みに沈んで死んだ。女も後を追って投身した。恋人同士の霊を慰めるため、村人がこぞって浜辺にかがり火を焚いたのが始まりとされている。 
    ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月8日(金曜日) 20時19分

  • あばれ祭(石川県無形民俗文化財)

     宇出津あばれ祭は、石川県無形民俗文化財となっている勇壮な祭りで、この祭りを皮切りに能登のあちこちで夏祭りが始まります。
     350年前、当地に悪病が流行したため、京都の祇園社から牛頭天王を歓請。盛大な祭礼を始めたところ、神霊と化した青蜂が悪疫病者を救った。喜んだ地元の人は、キリコを担いで八坂神社へ詣でたのが始まりとされている。高さ7m、40数本の奉燈(キリコ)が大松明の火粉の中を乱舞し、2基の御輿...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年6月8日(金曜日) 14時14分

  • 秘書室

    担当業務

    ・町長スケジュールに関すること

    ・顕彰に関すること

    ・町長会保険事務に関すること

    能都庁舎 秘書室 2018年5月30日(水曜日) 17時54分

  • あじさい花灯り回廊

     昼間に見ても、とてもきれいなあじさいを、行燈や灯篭の灯りで照らし出します。130種類、約4,000株のあじさいが咲き誇る回廊をめぐることができるイベントです。
     ロウソクの点灯を、訪れた皆さんにお願いしています。
     たくさんの参加と協力をお願いします。ロウソク点灯作業は、午後4時ごろから行います。
     また、浴衣でお越しの方は、屋台にて飲食サービス(1品)いたします。


    ■日時6月30日(土)午...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年5月30日(水曜日) 11時06分

  • あばれ祭

    宇出津あばれ祭は、石川県無形民俗文化財となっている勇壮な祭りで、この祭りを皮切りに能登のあちこちで夏祭りが始まります。
     350年前、当地に悪病が流行したため、京都の祇園社から牛頭天王を招請して盛大な祭礼を始めたところ、神霊と化した青蜂が悪疫病者を救いました。喜んだ地元の人は、キリコを担いで八坂神社へ詣でたのが始まりとされています。高さ7m、40数本の奉燈(キリコ)が大松明の火粉の中を乱舞し、2...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2018年5月30日(水曜日) 10時51分