現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には101件の情報があります。

  • 真脇ポーレポーレ

    和室5室、洋室5室の客室はすべて、海に面してレイアウト。全室、バス、トイレを完備。

    奥能登有数の漁港、宇出津港にあがる日本海の幸。
    新鮮な旬の味覚に添えた、春夏秋冬の彩り。
    海と緑の眺望と自然の光が調和する空間で、ゆったりとくつろぎながら堪能できます

    能都庁舎 真脇ポーレポーレ 2014年4月2日(水曜日) 12時13分

  • 珪化木公園

     能登町不動寺に埋蔵珪化木群がある。
     約2千万年前の中新世のころ、日本海側の大規模な火山活動に伴う火山灰の降下、推積によって枯死・埋没した樹木が、さらに凝灰岩石の中で長年の間に珪化したもの。
     展示品中最大の珪化木は、直径70cm、長さ13mあり、ワキミズ・ケヤキである。

    不動寺の埋蔵珪化木群として昭和62年に、県指定天然記念物に登録される。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2014年2月14日(金曜日) 11時55分

  • 能登の寒ぶり

     冬の能登半島へ来たなら絶対に味わいたい「のと寒ぶり」。

     12月頃から翌年2月頃にかけては寒ぶりのシーズン。
     能登では、冬が到来し雪の降る頃に鳴る雷を「ぶり起こし」と言います。このぶり起こしが鳴ると、「のと寒ぶり」が港にあがり、魚市場を賑わせるシーズンの到来です。

     極寒の日本海で育った天然物でまるまる太った「のと寒ぶり」は、最高の脂の乗りと、引き締まった身で、刺身は脂で醤油も弾くほど。
    ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2014年1月31日(金曜日) 13時04分

  • 能登町農林水産物加工開発センターを利用してみませんか

    農林水産物を加工してみませんか。
    能登町農林水産物加工開発センター(能登町字立壁)には、便利な加工機械を各種設置しています。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2014年1月8日(水曜日) 12時56分

  • あえのこと

    あえのこと神事を実演します。
    「あえのこと」は、稲作を守る田の神様に祈り、感謝する奥能登の代表的な民俗行事で、昭和51年に国の重要無形民俗文化財に、平成21年9月30日には世界無形遺産に登録されました。
     12月5日、1年の収穫を終えた田んぼから夫婦神である田の神様を迎え、ごちそうでもてなします。長く厳しい冬を家族と一緒に過ごした田の神様は翌春の2月9日に田んぼに送られます。昔は、能登町の多くの農...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年12月2日(月曜日) 16時27分

  • 西谷記念館

    能登町出身の哲学者・西谷啓治氏に関する資料を展示しています。

    内浦庁舎 西谷記念館 2013年11月6日(水曜日) 15時51分

  • 益谷記念館

    能登町出身の政治家・益谷秀次氏に関する資料を展示しています。

    内浦庁舎 益谷記念館 2013年11月6日(水曜日) 15時50分

  • 郷土館

    能登町に伝わる農林資料を展示しています。

    内浦庁舎 郷土館 2013年11月6日(水曜日) 15時50分

  • 民俗館

    能登町に伝わる水産資料を展示しています。

    内浦庁舎 民俗館 2013年11月6日(水曜日) 15時49分

  • スマートフォンで能登観光

    スマホを持っている人ならどなたでも無料で利用できる観光情報サービスです。
    能登の里山里海の豊かな自然や原風景、観光スポットを多言語で紹介する観光情報提供サービスのモデル実験です。 対応アプリ(SkyWare)は、スマートフォン(Android、iOS)をお持ちの方なら誰でも無料でダウンロードでき観光に際しての便利な機能が満載です。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年9月30日(月曜日) 12時20分