現在の位置:ホーム > お知らせ > まちづくり・産業・交通[産業]の一覧

お知らせ

まちづくり・産業・交通[産業]」には55件の情報があります。

  • 石川・福井合同肉牛枝肉共励会

    石川、福井両県合同の肉牛枝肉共励会は12月3日、金沢市の県金沢食肉流通センターで開かれ、能登牧場の枝肉が3年連続のグランドチャンピオンに選ばれました。

    能登牛、若狭牛をそれぞれ審査し、各最優秀賞受賞の枝肉からグランドチャンピオンを選びました。能登牧場の枝肉は最高位のA5ランクで、1キロあたり3,762円で競り落とされました。
    能登牧場専務取締役の平林将(まさる)さんは「1年間頑張ってきたかいがあ...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年12月10日(月曜日) 08時40分

  • 「のと九十九湾観光交流センター」の愛称募集について

    「のと九十九湾観光交流センター」愛称募集

    柳田庁舎 建設課 平成30年12月3日(月曜日) 00時00分

  • 「のと未来会議」にご参加ください


    <※すでに実施済みの催しです。参考情報として掲載しています。>

     「のと未来会議」は、2030年、能登町に若者が集まってくる町になるために、町民と行政が一緒になり、交流し学びながら能登町の未来を「自分ごと」として話しあえる場です。町は11月から「のと未来会議」を継続開催していきます。
     第1回は、町の課題を学びの場に生かした、島根県の離島・隠岐島「海士町」の「全国から若者が集まってくる」成功事...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年10月31日(水曜日) 15時57分

  • 天野登さんら3人が「ふるさとの匠」

    県の「ふるさとの匠」に認定された秋吉の天野登さんと桐畑の西尾千鶴子さん、小木の新谷伸一さんは10月25日、役場能都庁舎を訪れ、持木町長に認定を報告しました。

    「ふるさとの匠」は、農村や漁村で高い技術を磨き、地元文化の継承に携わる県民をたたえる制度。
    天野さんは仮面をつけて「神」に仮装した子どもらが集落を巡る新年行事「アマメハギ」の継承に努め、西尾さんは地元に江戸時代から伝わる「久田(きゅうでん)...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年10月29日(月曜日) 11時36分

  • 上乗秀雄さん 功労者知事表彰を報告

    20日に金沢市であった「石川の農林漁業まつり」で、農山漁村の活性化に貢献したとして県農林水産業功労者知事表彰を受けた農事組合法人「能登ふれあいガーデン」代表理事の上乗(じょうのり)秀雄さんが24日、役場能都庁舎を訪れ、持木町長に受賞を報告しました。

    上乗さんは平成21年、妻の純子さんとともに中斉の珠洲道路沿いの耕作放棄地3,300m2を整備し、農業とガーデンが融合した体験型施設「ケロンの小さな村...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年10月26日(金曜日) 12時12分

  • 「ふるさと能登町応援寄附」(ふるさと納税)のお知らせ

     「ふるさと能登町応援寄附」(ふるさと納税)は、生まれ育ったふるさとに貢献したい、関わりが深い地域を応援したい、という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を選択し寄附ができるものです。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年10月25日(木曜日) 13時40分

  • 石川県内の最低賃金

    ◇地域別最低賃金
    平成30年10月1日改正 石川県最低賃金 <時間額806円>

    ◇特定(産業別)最低賃金
    平成29年12月31日改正
    1 石川県綿紡績、化学繊維紡績、毛紡績、その他の紡績、染色整理、綱、漁網、網地製造業最低賃金 
    <時間額782円>
    ※ただし、地域別最低賃金の方が金額が高いため、806円以上支払う必要あり
    2 石川県金属素形材製品、ボルト・ナット・リベット・小ねじ・木ねじ等、そ...

    能都庁舎 総務課 平成30年10月1日(月曜日) 11時29分

  • 柳田地区調査の早大生 合宿成果を発表

    里山の地域活性化策を探るため9月18日から柳田地区に滞在していた早稲田大学の学生16人は21日、上町公民館で成果発表会を開き、林業や祭りの衰退に歯止めをかけるために考えた対策を、地区住民約60人の前で発表しました。

    早稲田大学人間科学部で森林環境科学を学ぶ3、4年生が「農地・農業」「林地・林業」など5つのグループに分かれ、発表しました。
    林業・森林班は放置された森林対策として、国が認証する「J-...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年9月28日(金曜日) 13時52分

  • のとキリシマツツジ 丁寧に挿し木

    NPO法人「のとキリシマツツジの郷」は9月4日、園芸の本場・英国に提供するのとキリシマツツジを栽培するため、ビニールハウスで挿し木作業を始めました。

    のとキリシマツツジは、能登半島各地で毎年初夏に深紅の花を咲かせ、住民や観光客らを楽しませています。この花を研究する島根大学の小林伸雄教授を通じて、その魅力や希少性を知った英国王立園芸協会が3月、同NPOに苗木の寄贈を依頼しました。
    この日は、メンバ...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年9月25日(火曜日) 09時38分

  • 「能登の里山里海人」聞き書き

    能登の里山里海で特色ある活動をしている「能登の里山里海人」を地元の高校生が取材・記録する「聞き書き」研修が、8月1・2日の日程で行われました。
    2日は能登高校二年の男子生徒2人が、県奥能登行政センターで能登杜氏の農口(のぐち)尚彦さんを取材。農口さんが「雨や気温の違いで材料の米が毎年違うから、同じ酒は二度と造れない。百歳になっても究めることは難しい」などと説明すると、2人は真剣に耳を傾けていました...

    柳田庁舎 農林水産課 平成30年8月14日(火曜日) 10時39分