現在の位置:ホーム > お知らせ > まちづくり・産業・交通[産業]の一覧

お知らせ

まちづくり・産業・交通[産業]」には46件の情報があります。

  • 県営中山間地域総合整備事業 柳田西部地区

    県営中山間地域総合整備事業柳田西部地区の「完工記念式典」は11月13日、当目集会所前で行われ、約50人が再整備された水田の完成を祝い、農業と地域の活性化に期待を込めました。
    事業は平成18年に奥能登の中山間地域で初めてのほ場整備事業として始まりました。施工面積は当目、大箱地区の計76.2ヘクタールで、総事業費は8億4800万円となります。
    神事の後、谷本正憲知事や持木一茂町長、着物姿の地元女子児童...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年11月16日(水曜日) 15時35分

  • 中山吉男さんら3人が「ふるさとの匠」

    県の「ふるさとの匠」に認定された宇出津の洲崎一男さんと上町の中正道さん、国重の中山吉男さんは10月18日、役場能都庁舎を訪れ、高雅彦副町長に認定を報告しました。

    「ふるさとの匠」は、農村や漁村で高い技術を磨き、地元文化の継承に携わる県民をたたえる制度。
    洲崎さんは宇出津発祥の伝統娯楽「ごいた」、中さんは収穫に感謝して田の神様を迎え、送り出す農耕儀礼「あえのこと」の伝承に取り組み、中山さんはマツタ...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年10月21日(金曜日) 18時00分

  • 上長尾の献穀田で御抜穂式 

    11月23日に宮中で行われる「新嘗祭(にいなめさい)」で使う新米を収穫する「御抜穂式(おんぬきほしき)」が9月24日、上長尾の松井英芳さんの献穀田で営まれました。
    石川県や能登町、地元の農業関係者ら50人ほどが参列し、能登町の米を皇室に献納できる栄誉を祝いました。
    新嘗祭は、天皇陛下が新米を天地の神に供え、これを食する代表的な宮中の祭事。県内からは能登町と野々市市の献穀田から精米したコシヒカリを5...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年9月26日(月曜日) 12時06分

  • 創業支援事業計画について

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年6月27日(月曜日) 08時51分

  • 上長尾の献穀田で御田植式

    収穫を祝う秋の宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に向け、献穀米を植える「御田植式(おたうえしき)」が5月23日、上長尾の松井英芳さんの水田で行われました。
    神事には関係者50人が出席。早乙女役の児童6人が、かすりの着物に赤たすきのいでたちで、1,900m2の献穀田の一角にコシヒカリの苗を植えました。
    式典では谷本正憲知事、持木一茂町長、山口彦衛県議らが祝辞を贈り、松井さんが謝辞を述べました。式典終...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年5月31日(火曜日) 17時29分

  • 農林水産省 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」を選定

    農林水産物や景観などを生かした地域活性化の成功事例「ディスカバー農山漁村の宝」を選ぶ政府の有識者懇談会は9月30日、春蘭の里実行委員会を含む27団体を選定しました。

    春蘭の里実行委員会の地区概要は次のとおりです。
    〔キャッチフレーズ〕
      みんなの探しものが見つかるむらづくり
    〔取組概要〕
      ●黒瓦、白壁などの住宅景観や地域住民の生活様式といった、地域の景観や伝統を地域の宝として農家民宿・体験...

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年10月20日(火曜日) 14時56分

  • 「ふるさとの匠」 町長に認定報告

    県から「ふるさとの匠」に認定された小間生(おもう)の道重重一(みちしげ・しげかず)さんと柳田の田原義昭さんが10月7日、役場能都庁舎を訪れて持木町長に認定の報告をしました。

    道重さんは地元の町野川で、ヤツメウナギを狙う伝統漁法「カンコ漁」を守っており、県立大が成功したヤツメウナギの人口繁殖にも協力しました。
    田原さんは、30年近くブルーベリーの栽培に取り組み、やなぎだブルーベリー生産組合の副会長...

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年10月13日(火曜日) 14時10分

  • 石川の農林漁業まつりに初出店

    第三セクター・柳田食産(株)とやなぎだブルーベリー生産組合は10月3日から2日間、金沢市内で開催された「石川の農林漁業まつり」に出店し、町産ブルーベリーで製造された商品の販売を行いました。
    同まつりに町からブルーベリー商品の販売などを目的に出店するのは初めてのこと。柳田食産が今春発売した新ブランドのジャムやワインが並べられ、社員が大きな声で来場者の呼び込みを行っていました。

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年10月13日(火曜日) 14時09分

  • いしかわ農業振興協議会総会で表彰式

    いしかわ農業振興協議会の総会は6月8日、金沢市内で開かれ、「中核農家経営改善・事業多角化及び地域農業振興共励会」の経営改善・事業多角化部門の優秀賞に選ばれた鶴町の柴野立太さんに谷本県知事から表彰状が授与されました。
    柴野さんは、立地条件を最大限に活用した飼料作物の輪作体系を導入するなどで高所得を得ており、草地型酪農のモデル経営として高く評価されています。

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年6月17日(水曜日) 16時10分

  • 平成26年に営農開始の能登牧場

    県産ブランド和牛「能登牛(のとうし)」を飼育する泉にある能登牧場の初出荷報告式は6月5日、役場能都庁舎で行われ、平林勲社長が5月21日に2頭を初めて出荷したことを持木町長に説明しました。
    式には、同牧場の平林将専務取締役や県生産流通課の担当者らも同席。平林社長は「想定していたよりも高い肉質と評価され高値が付いた」と話し、2棟目の牛舎建設に向けて意気込みを語りました。

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年6月12日(金曜日) 09時20分