現在の位置:ホーム > 手続き・申請 > 手続き・相談・税金[請求・申請]の一覧

手続き・申請

手続き・相談・税金[請求・申請]」には56件の情報があります。

  • 不妊治療費の助成事業が拡大

    不妊治療を行う夫婦の経済的負担を軽減するため、不妊治療費支援事業を実施しています。不妊治療費の助成制度には「一般不妊治療」と「特定不妊治療」の2種類があります。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成29年4月1日(土曜日) 00時00分

  • 妊婦・産婦・乳児健康診査費の助成について

    内浦庁舎 健康福祉課 平成29年3月9日(木曜日) 11時34分

  • 子ども医療費給付事業について

    平成29年4月診療分から、整骨・接骨院などで診察を受けた場合でも窓口で『保険証』と『子ども医療費受給資格者証』を提示すると、他の医療機関と同じように保険診療負担分が窓口無料になります。 

    内浦庁舎 健康福祉課 平成29年3月9日(木曜日) 11時34分

  • 創業・継承支援事業補助金

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年1月26日(木曜日) 08時30分

  • ふるさと定住住宅助成金

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年11月25日(金曜日) 09時50分

  • 設備投資による税制特例措置について

    <設備投資を行った事業者の皆さまは税制特例措置が活用できます>
     能登町は、半島地域振興策の一環として、半島振興法に基づく産業振興促進計画の認定を受けています。これにより、本町では、製造業、旅館業等の事業者が、それぞれの事業のための設備投資として一定額(資本金規模によって異なる)以上の機械、建物等を取得した場合に、5年間の割増償却(法人税又は所得税の繰り延べ)ができます。
    なお、本措置を活用するた...

    能都庁舎 企画財政課 平成28年11月21日(月曜日) 08時03分

  • 要介護認定者における障害者控除について(平成28年分~)

    要介護認定を受けている人で、一定の基準に該当する場合は、障害者手帳などの交付を受けていなくても所得税・町県民税の障害者控除を受けることが出来ます。本人または家族からの申請により交付する「障害者控除対象者認定書」が必要です。基準該当の可否は健康福祉課介護保険係までお問い合わせください。
    平成28年分から申請書が変更されていますので、ご注意ください。
    ※交付手数料300円

    内浦庁舎 健康福祉課 平成28年10月29日(土曜日) 00時00分

  • ひとり親家庭等医療費助成制度について

     18歳(障害のある児童は20歳まで)になって最初の3月末までの児童を扶養しているひとり親家庭の父母およびその児童、または父母のいない児童が健康保険の対象となった入院および通院費の一部負担が対象となります。
     
    ◇対象となる方
    ・ひとり親家庭の父母および児童  ※児童扶養手当と同様の所得制限があります。
    ・父母のいない児童

    内浦庁舎 健康福祉課 平成28年9月30日(金曜日) 09時43分

  • 電子証明書の取得方法について

    電子証明書は、住民が安心してインターネットを通じて国や地方の行政機関が行う電子申請・届出等の行政サービスを受けるために利用するものです。
    個人向けの電子証明書は、地方公共団体による「公的個人認証サービス」にて発行されています。公的個人認証を利用できる手続きには、主に、国税電子申告・納税システム(e-Tax)や自動車保有関係手続きなどがあります。
    公的認証サービスにおける電子証明書の有効期間は発行の...

    能都庁舎 町民課 平成28年8月25日(木曜日) 09時51分

  • 窓口で「本人確認」をさせていただきます

    本人なりすましなどにより、虚偽の届出がなされたり、戸籍・住民票などの証明書が不正に取得されたりするなどの事件が近年社会的な問題となっています。
    大切な個人情報が悪用され、犯罪に巻き込まれることを未然に防止するために、戸籍・住民異動の届出、戸籍・住民票などの証明書の交付申請時に本人確認を行っています。
    「本人確認」は、法律上のルールです。みなさまのご協力をお願いします。

    能都庁舎 町民課 平成28年8月24日(水曜日) 17時28分