現在の位置:ホーム > 手続き・申請 > 国民健康保険 出産育児一時金支給について

国民健康保険 出産育児一時金支給について
  

最終更新日:平成25年8月27日(火曜日) 16時58分 コンテンツID:5-21-5371

印刷ページへ遷移

国民健康保険の加入者の方が出産したときに、出産育児一時金が支給されます。

◇対象となる方
・国民健康保険の加入者の方で、出産された方
※妊娠85日以上であれば、死産・流産でも支給されます
注意:他の医療保険の規定によりこれに相当する給付を受けることができる場合は対象となりません。

◇助成金額
・1産児あたり42万円(平成23年3月31日まで)
ただし、産科医療補償制度の対象ではない出産の場合、在胎週数22週未満の流産等の場合、または、平成21年1月1日から9月30日までに出産の場合は38万円、平成20年12月31日までに出産の場合は35万円が支給されます。

◇「出産育児一時金直接支払制度」が利用できます。
平成21年1月1日以降の出産について、「出産育児一時金直接支払制度」が利用できるようになりました。原則、支給される一時金を上限として、直接医療機関に支払うことによりまとまった出産費用を事前に用意しなくてもよくなりました。詳しくは、出産予定の医療機関へお問い合わせください。

◇手続き
○出産費用が出産育児一時金(原則42万円)以上の場合
一時金を超えた金額を医療機関へ支払うことになります。町への手続きはありません。
○出産費用が出産育児一時金(原則42万円)未満の場合
分娩に関する医療機関への支払いは原則として発生しません。また、医療機関からの請求額が一時金に満たない場合は、その差額を町に請求することができます。
○直接払いを希望しない場合、もしくは医療機関からの請求額が一時金に満たない場合は、差額を町に請求してください。
 
◇直接払いを希望しない場合、もしくは差額を請求する際の手続き
・医療機関から交付された領収・明細書
・出産育児一時金申請書兼請求書
・国民健康保険被保険者証
・認印
・預金通帳等、振込口座がわかるもの

◇提出先
健康福祉課(内浦庁舎)、能都・柳田各サービス室、小木支所、鵜川支所、高倉出張所


※「出産育児一時金直接支払制度」とは
平成21年10月1日以降の出産に伴う費用の支払いについて、出産育児一時金の支給を医療機関に委任する制度です。各保険者は出産育児一時金として支給される金額を上限に、直接医療機関へ支払うことにより、申請者の一時的な窓口負担が軽減されます。出産される人は、退院時に出産育児一時金相当額(42万円)を引いた額を支払うことになり、加入保険者への手続きなしに出産育児一時金が支給されることになります。また、出産費用が出産育児一時金相当額を下回った場合は42万円との差額について、加入保険者へ申請することにより、差額分の出産育児一時金が支給されます。
 この制度の利用は任意ですが、利用の際には、入院から退院までに医療機関との間で「直接支払制度合意文書」を交わしていただく必要があります。詳しくは医療機関へお問い合わせください。

お問い合わせ先

健康福祉課 医療介護グループ

〒927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地 能登町役場内浦庁舎

電話番号:0768-72-2502

関連ファイル

関連情報

くらしの情報

手続き・相談・税金 手続き・届出請求・申請
医療・福祉・健康・子育て 国民健康保険子育て医療

ライフステージ

ライフステージ 出産・子育て健康・医療

最終更新日:平成25年8月27日(火曜日) 16時58分 コンテンツID:5-21-5371

印刷ページへ遷移

情報発信元

内浦庁舎 健康福祉課  

住所:〒927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地

電話番号:0768-72-2500

FAX番号:0768-72-8002