現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には107件の情報があります。

  • 真脇ポーレポーレ(公共宿泊施設)

     

    能都庁舎 真脇ポーレポーレ 2012年12月28日(金曜日) 15時13分

  • 健康福祉課

    健康づくり・保健指導、生活保護、障害者福祉、児童福祉、子育て支援、保育所、老人福祉、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療、民生・児童委員、地域包括支援センター

    内浦庁舎 健康福祉課 2012年12月20日(木曜日) 18時53分

  • あえのこと(ユネスコ無形文化遺産)

     豊穣に感謝し、見えない国の神をあたかも人間のように家に迎え入れて入浴と食事でもてなし、1年の労をねぎらうという民俗行事。このアエノコトの実演は植物公園の合鹿庵で行います。

     昭和35年旧柳田村は「あえのこと」を文化財に指定されました。そしてこのことが誘因となって昭和51年「奥能登のあえのこと」は国指定重要無形民俗文化財、平成21年にユネスコ無形文化遺産に登録されました。

     田の神様を家の中に...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2012年10月24日(水曜日) 14時17分

  • 恋路海岸

     内浦のやさしい女性的な景色を代表する海岸として、恋路海岸があります。穏やかに湾曲した砂浜と真っ赤に塗られた鳥居の後方に浮かぶ弁天島は恋路海岸の象徴です。浜に寄せる波はやさしく、訪れる人たちに安らぎを与えてくれます。
     地名に由来する悲恋伝説が伝えられており、浜辺の一隅には、その青年と娘の像がたっています。現在では、そのロマンチックな名称から”ラブロード”と呼ばれ、恋の橋渡しとなっており、訪れる若...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2012年9月26日(水曜日) 17時12分

  • あじさい寺

     約千年前、荘園の宮寺として建立されたと いう平等寺は、空海の「広く世を救い、人々の幸せを施そう」という願いを理想として建てられている。 身近な仏様として知られる十三仏諸尊が先祖供養の本尊として祀られており、コウヤマキなど多くの文化財も有している。別名「あじさい寺」と呼ばれ、6月には130種類、4千株の色とりどりのアジサイが境内を埋めています。

     また、花の時期には例年「あじさい花灯り回廊」が開...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2012年6月12日(火曜日) 15時35分

  • いどり祭

    6つの町内が交代で当番となり、男子のみで造った大鏡餅2枚(直径1.2m)、丸形小餅50~60個、とうし餅16枚を神前に供し、明年度大鏡餅を造るべき当番の者を陪賓としてもてなす。この時、陪賓たちは鏡餅やお膳の餅などについてさまざまな難くせをつけ(いどる)争い、これに対して当番はいろいろ弁解するが、容易に治まらないので神主が仲裁に入って話が治まる珍しい神事。

     正式には八講会(はっこうえ)と称せられ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2011年10月31日(月曜日) 08時24分

  • 岩井戸神社(猿鬼伝説)

     猿鬼伝説が伝わる岩井戸地区。
     猿鬼の霊を慰めるために建てられたほこらが、岩井戸神社と伝えられています。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2011年9月15日(木曜日) 12時04分

  • ふるさとキリコ橋

     内浦総合運動公園横の九里川尻川にかかる橋長59.5m、高さ23.8mの斜張橋で、奥能登地方の夏祭りの象徴である切籠(きりこ)をモチーフにしたものです。
     この「きりこ橋」は、夕方になるとライトアップされています。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2011年9月15日(木曜日) 12時04分

  • いぼ地蔵

     堂内の石造地蔵座像は通称「いぼ地蔵」と称され、泉で“いぼ”を洗えば痛みも無く除去できる言い伝えが在る。
     実際に治癒例もあり、開業医も感心を持ったという。祠堂はお礼に信者が寄進したものだそうです。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 17時14分

  • サルビアロード

     珠洲道路の中斉地区から桜峠にいたる区間に約4万本のサルビアが植えられています。花壇の長さは、両側で約4kmあり、6月から9月までの期間、ドライバーの目を楽しませます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2011年9月12日(月曜日) 17時10分