現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には108件の情報があります。

  • 能登の寒ぶり

     冬の能登半島へ来たなら絶対に味わいたい「のと寒ぶり」。

     12月頃から翌年2月頃にかけては寒ぶりのシーズン。
     能登では、冬が到来し雪の降る頃に鳴る雷を「ぶり起こし」と言います。このぶり起こしが鳴ると、「のと寒ぶり」が港にあがり、魚市場を賑わせるシーズンの到来です。

     極寒の日本海で育った天然物でまるまる太った「のと寒ぶり」は、最高の脂の乗りと、引き締まった身で、刺身は脂で醤油も弾くほど。
    ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2014年1月31日(金曜日) 13時04分

  • あえのこと

    あえのこと神事を実演します。
    「あえのこと」は、稲作を守る田の神様に祈り、感謝する奥能登の代表的な民俗行事で、昭和51年に国の重要無形民俗文化財に、平成21年9月30日には世界無形遺産に登録されました。
     12月5日、1年の収穫を終えた田んぼから夫婦神である田の神様を迎え、ごちそうでもてなします。長く厳しい冬を家族と一緒に過ごした田の神様は翌春の2月9日に田んぼに送られます。昔は、能登町の多くの農...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年12月2日(月曜日) 16時27分

  • 西谷記念館

    能登町出身の哲学者・西谷啓治氏に関する資料を展示しています。

    内浦庁舎 西谷記念館 2013年11月6日(水曜日) 15時51分

  • 益谷記念館

    能登町出身の政治家・益谷秀次氏に関する資料を展示しています。

    内浦庁舎 益谷記念館 2013年11月6日(水曜日) 15時50分

  • 郷土館

    能登町に伝わる農林資料を展示しています。

    内浦庁舎 郷土館 2013年11月6日(水曜日) 15時50分

  • 民俗館

    能登町に伝わる水産資料を展示しています。

    内浦庁舎 民俗館 2013年11月6日(水曜日) 15時49分

  • スマートフォンで能登観光

    スマホを持っている人ならどなたでも無料で利用できる観光情報サービスです。
    能登の里山里海の豊かな自然や原風景、観光スポットを多言語で紹介する観光情報提供サービスのモデル実験です。 対応アプリ(SkyWare)は、スマートフォン(Android、iOS)をお持ちの方なら誰でも無料でダウンロードでき観光に際しての便利な機能が満載です。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年9月30日(月曜日) 12時20分

  • みなとオアシス小木

    平成25年5月3日「みなとオアシス小木」が誕生しました。全国で69番目、県内では七尾港、輪島港、宇出津港に続く4番目の「みなとオアシス」の登録で、町としては2例目の登録となります。これで、1つの自治体で2つの「みなとオアシス」を持っているのは、広島県尾道市と能登町だけということになり、町としては能登町が全国初ということになります。
     小木港は、藩政時代には「加能越一の“うるま”」であると称えられた...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年6月26日(水曜日) 09時03分

  • 国民宿舎能登うしつ荘

    和室16室、洋室(ツイン)2室。

    能登宇出津港に水揚げされる新鮮な魚介類をふんだんに使った、うしつ荘自慢の味。
    四季折々の旬の味をお客様おひとりおひとりに真心こめてご提供いたします。
    (お食事のみのご利用もできます。)
    眼前には、緑豊かな遠島山公園や、銀色に輝く立山連峰も望むことができます。お気軽にお越しください。

    能都庁舎 国民宿舎能登うしつ荘 2013年6月6日(木曜日) 08時36分

  • みなとオアシス宇出津

    「みなとオアシス宇出津」は、平成25年1月20日に全国で68番目、石川県では3番目に登録されたみなとオアシスです。
     みなとオアシスとは、みなとを核とした地域住民の交流促進や観光の振興に通じた地域活性化を図るため、港湾施設を中心とした交流拠点づくりと知名度向上を支援する国土交通省の制度です。
     みなとオアシス宇出津には、緑地広場と駐車場が併設され、天候によっては海越しの立山連峰を見ることが出来る「...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2013年2月15日(金曜日) 21時09分