現在の位置:ホーム > 詳細検索 > 観光情報の一覧

詳細検索

観光情報」には108件の情報があります。

  • 弓引き祭り

     平家の落武者が移り住んだと言われる集落で、鎧・兜姿の氏子達の当たり矢の姿で豊凶を占う。

     的に当たった矢の数で、1年の豊凶を占う神事。的から離れること6メートル。甲冑をまとった武者が弓を握り一心に狙いを定める。傍らでは猿田彦と呼ばれる天狗面の男が的に当てさせまいと槍を振り回す。春の風物詩的存在である。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2017年5月26日(金曜日) 15時13分

  • 赤崎いちご摘み取り体験終了しました。

    赤崎いちご園の摘み取り体験について、今シーズンは終了いたしました。
    来園いただいた皆さまありがとうございました。

    赤崎いちごの次は、ブルーベリーの摘み取り体験が6月下旬より
    スタートします。
    ブルーベリー農園にきてくださいね。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2016年6月6日(月曜日) 17時25分

  • 石川県アンテナショップ新規取扱商品募集

    「いしかわ百万石物語・江戸本店」では、これまで取引をしていない事業者を対象に新規取扱商品を公募しています。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2016年4月26日(火曜日) 11時22分

  • 能登町で楽しむ!農作業・摘み取り・酪農 体験

    能登町内で農作業・摘み取り体験・酪農体験など様々な体験ができる農園を紹介します。

    柳田庁舎 農林水産課 2016年1月25日(月曜日) 18時31分

  • コンセールのと

     能登町観光・地域交流センター「コンセールのと」は、平成26年4月に旧宇出津駅跡地に誕生した複合施設です。中央図書館、宇出津公民館に加えて、旅の情報を提供する「たびスタ」が入居しています。

    内浦庁舎 コンセールのと 2015年9月29日(火曜日) 12時10分

  • 能登町観光誘客促進宿泊助成金(レンタカー利用者)

    この制度は、北陸新幹線金沢開業を受けて、
    能登町内の観光誘客促進と地元産業振興を目的に平成27年4月1日に制定しました。
    レンタカー利用をご検討の皆さん!制度を利用して、ぜひ能登半島・能登町にお越しください。

    【制度概要】
    レンタカーを使用して町内宿泊施設に宿泊された方を対象に、
    レンタカーの種別にかかわらず1台あたり2,000円を助成します。
    ※レンタカーは全国レンタカー協会に加盟するものです...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2015年8月27日(木曜日) 16時58分

  • どいやさ祭

     6基の袖キリコが太鼓や囃子に合わせて、担いで船揚場の波打ち際まで降ろし、2本の積棒(つんぼ)を袖キリコの台に差し込み、太鼓や囃子に合わせて持ち上げ、3台の袖キリコを伝馬船に積み込むところが一番の見せ場。

     袖キリコの絵は基本的に前面に描き、人物の背景の絵は、色紙を貼り、奥行きがあるよう遠近法で描きます。
    1970年代、諸事情により祭が簡略化されていたが、2000年に地元の方々の努力によりもとの...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2015年7月6日(月曜日) 10時52分

  • 九十九湾

     九十九湾は、大小の入り江からなるリアス式海岸で日本百景の一つに数えられています。東西1km、南北1.5kmの小さな湾ですが、海岸線は13kmに及び、屈折が多く、入り江が九十九を数えるとして九十九湾の名があります。
     湾の中央には、蓬莱島があり、鬱蒼としたスダジイに覆われ、松や桂樹が繁茂し、あたかも蓬莱の画図を見るようであると、この名が付いています。箱庭のような海岸線美を楽しむ遊覧船が通っています...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2015年4月10日(金曜日) 10時39分

  • とも旗祭り(石川県指定無形民俗文化財)

    <とも旗祭りの起源>
     明治中期、子供等が大漁と安全を祈願し、紙で継いだ小さな旗に船名を書きそれを伝馬船に立てて遊んでいました。後に神輿の港内渡御に運航する事が慣例となり、現在のとも旗祭りとなったと言われています。
     祭り当日は、北東から風が吹き、祭りが終わる頃には南西の風に変わり豊漁になると伝えられています。
     石川県の文化財に指定されたのを期に、地域を挙げて参加する素晴らしい祭りとなりました。...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2015年3月16日(月曜日) 16時13分

  • 真脇遺跡公園

     真脇遺跡の背後に広がる、縄文文化をテーマにした歴史体験公園。野外劇場などもあり、各設備は遺跡の出土品をモチーフにするなど、細部にも凝っている。
     また、隣接施設には、真脇遺跡縄文館、真脇遺跡体験村、縄文真脇温泉、公共宿泊施設真脇ポーレポーレがある。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2014年12月22日(月曜日) 15時44分