現在の位置:ホーム > 詳細検索 > くらしの情報の一覧

詳細検索

くらしの情報」には592件の情報があります。

  • 調理くずや残飯を海や川へ流すのはやめましょう

    調理くずや残飯を海や川へ流すと、川岸に打ち上がったり、下流でそれが溜まるなどして腐敗することがあります。
    悪臭や害虫が発生する原因となり不衛生です。

    ごみはきちんと収集へ出すようお願いします。

    能都庁舎 住民課 2018年3月30日(金曜日) 15時29分

  • 住民課

    戸籍、住民登録、印鑑登録、国民年金 廃棄物の処理・資源化・減量化、畜犬登録・狂犬病予防、斎場・墓地

    能都庁舎 住民課 2018年3月30日(金曜日) 14時40分

  • 能登高校魅力化プロジェクトについて

     町では、平成28年6月より、能登高校魅力化プロジェクトを始動しました。
    以前は町内に、県立水産高校、宇出津高校、柳田農高、水産小木分校の3校1分校が存在しましたが、少子化の波により統合をくり返し、現在は能登高校のみとなりました。
     町から高校が無くなると、子ども達は中学校を卒業すると他市町へ通うか下宿する選択しかなくなります。また、学校がもたらす経済効果は地域にとって欠かせないものです。移住定住...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 2018年3月30日(金曜日) 14時17分

  • 地域おこし協力隊募集!(能登高校魅力化プロジェクト)

     日本で初めて世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」、この能登半島に能登町はあります。
     伝統の祭礼や、独特の発酵文化が根付くこの町でも、人口減少や少子高齢化が進行し、町内に唯一存在する石川県立能登高等学校も生徒数が減少してきております。このまま生徒減少が続くと、高校の存続が危ぶまれることとなり、危機的状況です。町内から高校がなくなるということは、地域の活力が失われ、衰退を招くものと認識してお...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 2018年3月30日(金曜日) 14時17分

  • ふるさと振興課地域戦略推進室

     

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 2018年3月30日(金曜日) 14時13分

  • WEB版『平成30年第2回能登町議会3月定例会議』

    平成30年第2回能登町議会3月定例会議(日程3月6日~15日)がご覧になれます。(この映像は、議会の公式記録ではありません。)

    柳田庁舎 広報情報推進課 2018年3月28日(水曜日) 00時00分

  • 能登町農業振興協議会 役員改選

    能登町農業振興協議会の総会は3月18日、柳田山村開発センターで開かれ、役員改選では次期会長に南正晴氏を選びました。任期は4月1日から2年間です。
    総会には県奧能登農林総合事務所の高順一郎農業振興部長などの来賓を含め24人が出席。協議会の西出宏会長は、昨年10月に高知県で開催された「全国農業担い手サミット」に参加したことなどを報告し、新年度の協議会活動への参加を呼びかけました。
    次期役員は次のとおり...

    柳田庁舎 農林水産課 2018年3月26日(月曜日) 10時09分

  • ふるさとの匠「未来につなげる技能展」

    ふるさとの匠「未来につなげる技能展」に出展した能登町の匠3人は3月15日、各自の技能や取り組み内容などを発表しました。

    町から参加していたのは、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」を継承する中正道さんと宇出津(うしつ)地区発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及・伝承を行う洲崎一男さん、マツタケ山整備に取り組む中山吉男さんの3人。
    洲崎さんは「『ごいた』の普及と保存は町おこしが狙いだった。今では全国に保存会...

    柳田庁舎 農林水産課 2018年3月20日(火曜日) 09時04分

  • 未熟児養育医療給付制度のお知らせ

    (お知らせ)
    ・平成28年1月から、お手続きにマイナンバー(個人番号)の記載が必要となりました。
    ・平成29年11月13日より、社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)による情報連携が本格運用されたことに伴い、従来必要だった添付書類が一部省略可能になりました。
    ・平成30年4月1日より、医療費の一部負担金の窓口支払いが省略できるようになりましたので、申請時に手続きを行ってください。

    内浦庁舎 健康福祉課 2018年3月19日(月曜日) 17時55分

  • 鳥獣の捕獲等及び鳥類の卵の採取等の許可申請書

    野生鳥獣は、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律により保護されており、狩猟制度に基づき狩猟鳥獣を捕獲する場合を除き、原則として野生鳥獣を捕獲することは禁止されています。
    ただし、生活環境や農林水産業に対して、鳥獣による被害が生じている場合などには、許可を受けて、野生鳥獣を捕獲することが認められています。
    捕獲にあたっては事前に農林水産課までご相談のうえ、許可申請を行ってください。

    柳田庁舎 農林水産課 2018年3月14日(水曜日) 13時01分