現在の位置:ホーム > お知らせ > 「閭ス逋サ逕コ蟋牙ヲケ驛ス蟶ゆコ、豬∽コ区・ュ陬懷勧驥代↓縺、縺�縺ヲ」の関連情報の一覧

お知らせ

「閭ス逋サ逕コ蟋牙ヲケ驛ス蟶ゆコ、豬∽コ区・ュ陬懷勧驥代↓縺、縺�縺ヲ」の関連情報」には45件の情報があります。

  • 町の文書の元号の表記について

    5月1日以後に、町で作成した文書については、「令和」を使用しますが、すでに印刷が完了しているものなど、やむを得ず「平成」と表記されている場合は、「令和」と読み替えていただきますよう、お願いします。

    能都庁舎 総務課 2019年5月1日(水曜日) 00時00分

  • 無投票のお知らせ(石川県議会議員選挙珠洲市鳳珠郡選挙区)

    無投票のおしらせ(石川県議会議員選挙珠洲市鳳珠郡選挙区)

    能都庁舎 総務課 2019年3月29日(金曜日) 17時14分

  • 能登町総合観光パンフレット「TO NOTO TOWN」

     能登町の総合観光パンフレット「TO NOTO TOWN」。

     能登町自慢の観光スポットや、祭り、食、宿泊施設などが盛りだくさんに紹介されています。こちらへお越しの前に、あらかじめご覧頂けると、より一層能登町が満喫できます。
     下記よりダウンロードしてご利用ください。

    能都庁舎 ふるさと振興課 2019年3月25日(月曜日) 17時42分

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄附」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、以下の活動の推進のためにふるさと能登町応援寄附を募ります。
    1 地場産業の育成の支援
    2 観光・地域振興の支援
    3 移住・定住促進対策の支援
    4 子育て・社会福祉活動の支援
    5 教育水準の向...

    能都庁舎 ふるさと振興課 2019年1月29日(火曜日) 08時49分

  • ふるさと自慢レシピ集(第2編)が完成しました

    能登町食生活改善推進員が選んだ「ふるさと自慢料理」23品を掲載

    内浦庁舎 健康福祉課 2018年12月1日(土曜日) 00時00分

  • のとキリシマツツジ 丁寧に挿し木

    NPO法人「のとキリシマツツジの郷」は9月4日、園芸の本場・英国に提供するのとキリシマツツジを栽培するため、ビニールハウスで挿し木作業を始めました。

    のとキリシマツツジは、能登半島各地で毎年初夏に深紅の花を咲かせ、住民や観光客らを楽しませています。この花を研究する島根大学の小林伸雄教授を通じて、その魅力や希少性を知った英国王立園芸協会が3月、同NPOに苗木の寄贈を依頼しました。
    この日は、メンバ...

    柳田庁舎 農林水産課 2018年9月25日(火曜日) 09時38分

  • 「ふる里柳田会」総会・懇親会

    首都圏在住の能登町(旧柳田村)出身者でつくる「ふる里柳田会」の総会・懇親会は7月28日、46名が出席して都内で開かれました。

    能登町からは、向峠茂人・町議会議長と「当目夢を語る会」の修田勝好・事務局長が参加。初めに、会員物故者を悼んで黙祷を行った後、活動と会計についての報告などがありました。
    最後の「ふる里からのお話」では、ゲストである修田勝好さんが、「当目夢を語る会」の目的や活動内容を紹介した...

    柳田庁舎 農林水産課 2018年8月14日(火曜日) 11時52分

  • 「広報のと」がより身近に。「マチイロ」で広報紙をチェック

    スマートフォンやタブレット端末で広報紙を読むことができるアプリ「マチイロ」を導入しています。

    町内全戸に配布している「広報のと」を、お手元の携帯端末でご覧いただけます。

    便利な機能が満載です。
    ・ページめくりや拡大、気になる情報のスクラップ
    ・アプリでは記事をSNSでシェア(共有)
    ・バックナンバーの閲覧

    利用料は無料です。
    遠隔地にお住まいのご家族やお知り合いにも、ぜひおすすめください。
    ...

    柳田庁舎 広報情報推進課 2018年8月7日(火曜日) 19時10分

  • いしかわ移住パスポートの申請受付がはじまりました

    いしかわ移住パスポート(愛称:Iパス)の申請受付がはじまりました。

    能都庁舎 ふるさと振興課 地域戦略推進室 2018年4月5日(木曜日) 13時44分

  • ふるさとの匠「未来につなげる技能展」

    ふるさとの匠「未来につなげる技能展」に出展した能登町の匠3人は3月15日、各自の技能や取り組み内容などを発表しました。

    町から参加していたのは、ユネスコ無形文化遺産「あえのこと」を継承する中正道さんと宇出津(うしつ)地区発祥の伝統娯楽「ごいた」の普及・伝承を行う洲崎一男さん、マツタケ山整備に取り組む中山吉男さんの3人。
    洲崎さんは「『ごいた』の普及と保存は町おこしが狙いだった。今では全国に保存会...

    柳田庁舎 農林水産課 2018年3月20日(火曜日) 09時04分