現在の位置:ホーム > お知らせ > 「鬩・謔滂スア�スア鬩・譴ァ�スオ�スキ陞ウ蛹サ�ス玖ォ、譏エ�シ樒ケァ螳夲スィ蛟ャ鮖ク」の関連情報の一覧

お知らせ

「鬩・謔滂スア�スア鬩・譴ァ�スオ�スキ陞ウ蛹サ�ス玖ォ、譏エ�シ樒ケァ螳夲スィ蛟ャ鮖ク」の関連情報」には123件の情報があります。

  • 県営中山間地域総合整備事業 柳田西部地区

    県営中山間地域総合整備事業柳田西部地区の「完工記念式典」は11月13日、当目集会所前で行われ、約50人が再整備された水田の完成を祝い、農業と地域の活性化に期待を込めました。
    事業は平成18年に奥能登の中山間地域で初めてのほ場整備事業として始まりました。施工面積は当目、大箱地区の計76.2ヘクタールで、総事業費は8億4800万円となります。
    神事の後、谷本正憲知事や持木一茂町長、着物姿の地元女子児童...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年11月16日(水曜日) 15時35分

  • 中山吉男さんら3人が「ふるさとの匠」

    県の「ふるさとの匠」に認定された宇出津の洲崎一男さんと上町の中正道さん、国重の中山吉男さんは10月18日、役場能都庁舎を訪れ、高雅彦副町長に認定を報告しました。

    「ふるさとの匠」は、農村や漁村で高い技術を磨き、地元文化の継承に携わる県民をたたえる制度。
    洲崎さんは宇出津発祥の伝統娯楽「ごいた」、中さんは収穫に感謝して田の神様を迎え、送り出す農耕儀礼「あえのこと」の伝承に取り組み、中山さんはマツタ...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年10月21日(金曜日) 18時00分

  • 公益信託能登町エンデバーファンド21

     

    能都庁舎 企画財政課 平成28年9月27日(火曜日) 11時37分

  • 上長尾の献穀田で御抜穂式 

    11月23日に宮中で行われる「新嘗祭(にいなめさい)」で使う新米を収穫する「御抜穂式(おんぬきほしき)」が9月24日、上長尾の松井英芳さんの献穀田で営まれました。
    石川県や能登町、地元の農業関係者ら50人ほどが参列し、能登町の米を皇室に献納できる栄誉を祝いました。
    新嘗祭は、天皇陛下が新米を天地の神に供え、これを食する代表的な宮中の祭事。県内からは能登町と野々市市の献穀田から精米したコシヒカリを5...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年9月26日(月曜日) 12時06分

  • 能登町まちづくり合宿等助成金

     能登町まちづくり合宿等助成金は、能登町の交流人口拡大と活性化を図るため、町内の宿泊施設(キャンプ場、少年自然の家、姫交流センターを含む簡易宿泊施設等を除く。)を利用し、能登町に滞在する5人以上(教員等の引率者を除く人数とする。)の学生の団体に対して交付するものです。

     平成27年4月1日から送客バスの助成金制度(運転手付きの借上げバスに限り、運転手、高速道路料金を含む経費を最大20%助成するも...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年9月1日(木曜日) 17時11分

  • 江戸時代の農具、水生生物の標本など展示

    当目地区の住民グループ「夢を語る会」は7月16日、旧当目小学校を地域の自然や歴史を伝える「里山稲作農林資料館」として開館しました。

    能登半島地震による取り壊しを免れた教室棟の一階には、江戸時代に普及した米ともみ殻を選別する木製の唐箕や脱穀用の千歯扱きなど、伝統的な農機具180点を並べました。使用経験のあるお年寄りが解説用のイラストを添えています。
    二階では、前身の当目中学校が初任地で、現在当目に...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年7月21日(木曜日) 09時23分

  • 「第21回ふるさとイベント大賞」の募集について

    「第21回ふるさとイベント大賞」の募集について

    能都庁舎 企画財政課 平成28年7月8日(金曜日) 15時46分

  • 創業支援事業計画について

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年6月27日(月曜日) 08時51分

  • 上長尾の献穀田で御田植式

    収穫を祝う秋の宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に向け、献穀米を植える「御田植式(おたうえしき)」が5月23日、上長尾の松井英芳さんの水田で行われました。
    神事には関係者50人が出席。早乙女役の児童6人が、かすりの着物に赤たすきのいでたちで、1,900m2の献穀田の一角にコシヒカリの苗を植えました。
    式典では谷本正憲知事、持木一茂町長、山口彦衛県議らが祝辞を贈り、松井さんが謝辞を述べました。式典終...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年5月31日(火曜日) 17時29分

  • 能登町第二次総合計画について

     「能登町第二次総合計画」は、町の最上位計画として、長期的展望に立つ総合的なまちづくりの指針となるものです。
     この計画は、第一次総合計画が平成28年3月で計画期間が満了することに伴い、平成28年度から平成37年度までの10年間の新たな計画として策定したものです。

    能都庁舎 企画財政課 平成28年4月20日(水曜日) 13時26分