現在の位置:ホーム > お知らせ > 「閭ス逋サ鬮俶�。鬲�蜉帛喧繝励Ο繧ク繧ァ繧ッ繝医↓縺、縺�縺ヲ」の関連情報の一覧

お知らせ

「閭ス逋サ鬮俶�。鬲�蜉帛喧繝励Ο繧ク繧ァ繧ッ繝医↓縺、縺�縺ヲ」の関連情報」には51件の情報があります。

  • まつなみキッズセンターだより10月号

    すっかり涼しくなり秋らしくなってきましたね。
    まつなみキッズセンターでは「ふるさと探検隊」「陶芸に挑戦」「ハロウィンお楽しみ会」など楽しい行事を用意しています。
    お友達を誘って楽しい秋を満喫しませんか。

    内浦庁舎 まつなみキッズセンター 平成30年9月22日(土曜日) 02時03分

  • ベビーノーム(親子で遊ぼう・リズム遊び)

    9月14日(金)10:30~ベビーノーム(親子で遊ぼう!リズム遊び)を開催しました。
    季節の歌を歌い、楽器を鳴らしニコニコの子どもたち、その姿を嬉しそうに見ているお母さんたち。職員もとてもあたたかい気持ちになりました。

    「昆虫太極拳」という体操では、本場中国の太極拳に負けず劣らずのかっこいいポーズ続出でした。リズム遊びをした後は、コンビカーや輪投げでも遊びましたよ。
    次回のベビーノームは、10月...

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成30年9月21日(金曜日) 11時58分

  • 採択教科書について

     能登町立学校で使用する教科用図書の採択に当たっては、採択方針及び教科用図書奥能登採択地区協議会の答申に基づき、町教育委員会の権限と責任において、慎重に審議を行い、公正かつ適正に採択しました。

     採択教科図書の一覧については、下方の「関連ファイル」を参照ください。

    内浦庁舎 教育委員会事務局 平成30年9月13日(木曜日) 11時58分

  • 能登高校を応援する会 給付型奨学金について

     能登高校を応援する会では、町内唯一の高校である能登高校の存続と発展のため、様々な補助を行っています。
     これまで、制服補助、通学定期2割補助、部活動補助、公営塾補助を行ってきましたが、平成29年度より新たに給付型奨学金を設けております。
    応募者の中から選考された成績優秀者(おおむね5名)に対し、月額2万円を高校3年間、総額72万円を支給します。

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年9月3日(月曜日) 00時00分

  • こどもみらいセンターだより11月号

    こどもみらいセンター11月の行事等

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成30年8月23日(木曜日) 14時49分

  • ジュニアボランティア

    聴覚障害のある方たちと気持ちを伝えあえる楽しさを知るため、聴覚障害のある方々の就労支援事業所やなぎだハウスの方々と交流を行う。
    第1回は、紙芝居を通して聴覚障害について知る。ヘッドホンを装着し、耳が聞こえないことを疑似体験し、何を感じ、どう接すればいいのかを学んでいく。

    第2回は、やなぎだハウスを訪問し、聴覚障害のある方々と触れ合う。

    第3回は、やなぎだハウスの皆さんをみらいセンターに招待し、...

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成30年8月16日(木曜日) 08時44分

  • 能登高校を応援する会について

    能登高校を応援する会は、会員を募集しています。
    年会費は、個人2千円、団体5千円からです。

    年会費は、部活動や生徒募集活動などにあてられます。
    会員には、能登高校の行事や活動を報告する「能登高だより」を送付させていただきます。
    能登町唯一の高等学校、能登高校を応援してください。
    入会申し込みは、能登高校事務所内または役場能都・柳田・内浦の各サービス窓口か、ふるさと振興課地域戦略推進室及び支所で受...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年7月11日(水曜日) 11時10分

  • こどもみらいセンターだより6月号

    6月24日(日)フリーマーケットを開催いたします。
    是非、皆さんお越しください。

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成30年6月1日(金曜日) 13時36分

  • 身体計測&うたあそび

    5月25日(金)10:30~こどもみらいセンターで身体計測とうたあそびを親子で楽しみました。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年5月28日(月曜日) 08時55分

  • 能登高校魅力化プロジェクトについて

     町では、平成28年6月より、能登高校魅力化プロジェクトを始動しました。
    以前は町内に、県立水産高校、宇出津高校、柳田農高、水産小木分校の3校1分校が存在しましたが、少子化の波により統合をくり返し、現在は能登高校のみとなりました。
     町から高校が無くなると、子ども達は中学校を卒業すると他市町へ通うか下宿する選択しかなくなります。また、学校がもたらす経済効果は地域にとって欠かせないものです。移住定住...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年3月30日(金曜日) 14時17分