現在の位置:ホーム > お知らせ > 「邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ驍丞調�スィ蠑ア縲帝妙�スス騾具スサ騾包スコ郢ァ雋橸スソ諛域割邵コ蜉ア窶サ邵コ荳岩味邵コ霈費シ�?�スシ?date_type=0」の関連情報の一覧

お知らせ

「邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ驍丞調�スィ蠑ア縲帝妙�スス騾具スサ騾包スコ郢ァ雋橸スソ諛域割邵コ蜉ア窶サ邵コ荳岩味邵コ霈費シ�?�スシ?date_type=0」の関連情報」には105件の情報があります。

  • 大規模な土地取引には届出が必要です。

    国民生活の基盤となる土地は、地域全体の住みやすさや自然環境との調和などを考えて、適正に利用することが望まれます。国土利用計画法は、こうした考えに基づいて乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地取引については、その利用目的などを届け出ることとしています。

    能都庁舎 企画財政課 平成29年10月2日(月曜日) 09時28分

  • 世界農業遺産スタディツアー

    世界農業遺産スタディツアーは7月22日、能登町で行われ、石川県と富山県から参加した13組26人が世界農業遺産の魅力や伝統文化の奥深さに触れました。同ツアーが町内で実施されるのは2年ぶり2回目です。

    参加者は、小間生(おもう)公民館で江戸時代から伝わる「久田(きゅうでん)和紙」の紙すきを体験。地元有志でつくる「紙工房みわ会」メンバーの指導で、葉っぱをすき込んだハガキを作りました。
    久田和紙は、能登...

    柳田庁舎 農林水産課 平成29年7月26日(水曜日) 13時12分

  • 能登町総合観光パンフレット「のっとらべる」

     能登町の総合観光パンフレット「のっとらべる」。

     能登町自慢の観光スポットや、祭り、食、宿泊施設などが盛りだくさんに紹介されています。こちらへお越しの前に、あらかじめご覧頂けると、より一層能登町が満喫できます。
     下記よりダウンロードしてご利用ください。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年7月20日(木曜日) 17時14分

  • 能登町観光PR動画(ダイジェスト版)が完成しました!

    能登町の豊かな自然や観光資源を映像にまとめました。

    ~心あばれる時、それはふるさとを想う時~

    「心のふるさと能登町」を感じてください。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年7月11日(火曜日) 10時11分

  • 能登町の姉妹都市

    能登町では、千葉県流山市、宮崎県小林市の2市と姉妹都市の関係を結んでいます。

    能都庁舎 総務課 平成29年7月10日(月曜日) 20時16分

  • 能登町と金沢大学が人づくり・海づくり協定締結

    能登町と国立大学法人金沢大学は平成28年7月21日、「人づくり・海づくり協定」を締結しました。

    能都庁舎 秘書室 平成29年7月10日(月曜日) 20時14分

  • 町イメージキャラクター

    ■能登町イメージキャラクター「のっとりん」について

    能登里山里海の妖精で、名前は能登の方言「勢いがある」にちなんで「のっとりん」です。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年7月10日(月曜日) 20時13分

  • 国重の中山さん 県森林功労者表彰受賞

    国重で林業を営む中山吉男さんは4月29日、津幡町の県森林公園で開かれた県民みどりの祭典で、「いしかわ森林環境功労者」を受賞しました。谷本知事から木材でできた表彰状が授与されました。

    里山でマツタケの産地化に取り組んだ功績が評価されたものです。5月1日には役場能都庁舎を訪れ、持木町長に受賞を報告。「能登をマツタケの一大産地にできるよう頑張りたい」と話しました。
    中山さんは平成4年から自宅近くの山林...

    柳田庁舎 農林水産課 平成29年5月8日(月曜日) 14時53分

  • 御所桜を守る会 町長に受賞報告

    「日本さくらの会」の今年度「さくら功労者表彰」を受けた北河内の「御所桜を守る会」の池田光正会長と西谷進事務局長は4月13日、役場能都庁舎を訪れ持木町長に受賞の報告をしました。

    表彰は桜の保護・育成・研究に尽力した個人や団体をたたえる制度。御所桜は推定樹齢500年のエドヒガンの古木で、幹回りが県内最大の3.4m。「天狗平(てんぐだいら)の御所桜」とも呼ばれ、町天然記念物に指定されています。
    守る会...

    柳田庁舎 農林水産課 平成29年4月27日(木曜日) 08時57分

  • 能登高生が聞き書きの成果発表

    世界農業遺産に認定されている能登の里山里海を支える人々の思いを高校生が聞き書きした成果の発表会が3月4日、奥能登行政センターで開かれ、能登高校の生徒3人は町野川などで水生生物の調査を続けている当目の谷口正成さんの取材成果を報告しました。

    生徒たちは、「生き物はその場所の自然環境を示すモノサシである」という谷口さんの言葉を紹介し、「能登の自然の素晴らしさを再認識した」と話しました。

    高校生による...

    柳田庁舎 農林水産課 平成29年3月27日(月曜日) 13時50分