現在の位置:ホーム > お知らせ > 「�シ費シ先ュウ縺九i縺ァ繧ゆサ玖ュキ繧オ繝シ繝薙せ繧貞女縺代l繧九�ョ�シ�」の関連情報の一覧

お知らせ

「�シ費シ先ュウ縺九i縺ァ繧ゆサ玖ュキ繧オ繝シ繝薙せ繧貞女縺代l繧九�ョ�シ�」の関連情報」には17件の情報があります。

  • 大規模な土地取引には届出が必要です。

    国民生活の基盤となる土地は、地域全体の住みやすさや自然環境との調和などを考えて、適正に利用することが望まれます。国土利用計画法は、こうした考えに基づいて乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地取引については、その利用目的などを届け出ることとしています。

    能都庁舎 企画財政課 平成29年10月2日(月曜日) 09時28分

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄付」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、皆様からお寄せいただいた貴重な御寄附を次の施策に活用します。
    1 子育て・社会福祉活動の支援
    2 スポーツ・地域文化活動の支援
    3 循環型社会構築のための環境対策支援
    4 観光・地域振興の支...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年9月25日(月曜日) 16時19分

  • ジュニアボランティア(車椅子試乗体験)

    紙芝居「どうする?どうする?みんななら」を見た後、困っている人に遭遇した時は、どうしたらいいかをグループごとに考え、リーダーが、意見をまとめて発表しました。1年生から5年生という幅の広い話し合いだったのでなかなか難しいところもありましたが、職員の助けをもらいながら、発表までこぎつけました。
    車椅子の試乗体験では、乗っているときの怖さや、押す側の難しさも感じていました。
    この経験を日頃の生活に生かし...

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成29年7月26日(水曜日) 08時42分

  • 町イメージキャラクター

    ■能登町イメージキャラクター「のっとりん」について

    能登里山里海の妖精で、名前は能登の方言「勢いがある」にちなんで「のっとりん」です。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年7月10日(月曜日) 20時13分

  • いしかわ移住パスポートの申請受付がはじまりました

    いしかわ移住パスポート(愛称:Iパス)の申請受付がはじまりました。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成29年7月10日(月曜日) 11時55分

  • 地域おこし協力隊募集!(能登高校魅力化プロジェクト)

     日本で初めて世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」、この能登半島に能登町はあります。
     伝統の祭礼や、独特の発酵文化が根付くこの町でも、人口減少や少子高齢化が進行し、町内に唯一存在する石川県立能登高等学校も生徒数が減少してきております。このまま生徒減少が続くと、高校の存続が危ぶまれることとなり、危機的状況です。町内から高校がなくなるということは、地域の活力が失われ、衰退を招くものと認識してお...

    能都庁舎 秘書室 平成29年4月21日(金曜日) 17時17分

  • 自主防災組織を支援します

     
    大規模な災害が発生し、電気の寸断、電話の不通、道路事情の悪化などにより町や防災機関による消火活動、救出救護活動などの防災活動が十分に果たせなくなることが考えられます。
     このような事態では、地域の協力体制が不可欠となります。地域で協力し合い、「自分たちの地域は自分たちで守る」という強い意識を持って、日ごろから地域防災活動に取り組んでいきましょう。
     町では、「能登町自主防災組織育成事業」を実...

    能都庁舎 危機管理室 平成29年2月24日(金曜日) 09時33分

  • 被相続人居住用家屋等確認書の発行について

     

    能都庁舎 総務課 平成28年11月13日(日曜日) 18時17分

  • 「児童扶養手当法」の一部が改正されます

     これまで、公的年金を受給する方は児童扶養手当を受給できませんでしたが、平成26年12月以降は、年金額が児童扶養手当より低い方は、その差額分の児童扶養手当を受給できるようになります。
     児童扶養手当を受給するためには、申請が必要です。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成26年11月19日(水曜日) 14時26分

  • 能登町まちづくり合宿等助成金

    「能登町まちづくり合宿等助成金」は、能登町の交流人口拡大と活性化を図るため、町内の宿泊施設(キャンプ場、少年自然の家、姫交流センターを含む簡易宿泊施設等を除く。)を利用し、能登町に滞在する5人以上(教員等の引率者を除く人数とする。)の学生の団体に対して交付するものです。
    平成26年7月19日から助成対象者の範囲と助成金の限度額を拡大し、さらに利用しやすくなりました。
    修学旅行にゼミ合宿、文化・スポ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年7月24日(木曜日) 12時45分