現在の位置:ホーム > お知らせ > 「莉玖ュキ菫晞匱譁吶�ョ邏阪a譁ケ縺ッ�シ�」の関連情報の一覧

お知らせ

「莉玖ュキ菫晞匱譁吶�ョ邏阪a譁ケ縺ッ�シ�」の関連情報」には24件の情報があります。

  • ふるさと自慢レシピ集(第2編)が完成しました

    能登町食生活改善推進員が選んだ「ふるさと自慢料理」23品を掲載

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年12月1日(土曜日) 00時00分

  • 能登町の障害福祉施設一覧

    ・能登町内の障害者施設の一覧を掲載しています。詳しい情報は各施設まで直接お問い合わせ下さい。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年11月29日(木曜日) 18時31分

  • 能登町在宅生活れんけい手帳

    「能登町在宅生活れんけい手帳」は、医療と介護予防サービス等を利用して在宅生活を送る高齢の方が、自身の体調や生活状況を記入して管理するとともに、記載情報を医療や介護の関係者と共有することで心身の不調に早く気づき、支援へとつなげ地域で安心して暮らし続けられることを目的に作成しました。
    手帳の情報は、病院の受診や薬局、介護(予防)サービス利用時にご本人が携帯し、ご本人意思で開示いただくため、手帳には、保...

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年11月26日(月曜日) 17時54分

  • ふるさと納税で能登町を応援してください!

    「ふるさと能登町応援寄附」は、「生まれ育ったふるさとに貢献したい!」「関わりが深い地域を応援したい!」という熱い思いを実現するため、自らの意思で納税先を寄附という行為によって選択できるものです。

    能登町では、以下の活動の推進のためにふるさと能登町応援寄附を募ります。
    1 地場産業の育成の支援
    2 観光・地域振興の支援
    3 移住・定住促進対策の支援
    4 子育て・社会福祉活動の支援
    5 教育水準の向...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年11月15日(木曜日) 08時35分

  • 「のと未来会議」にご参加ください


    <※すでに実施済みの催しです。参考情報として掲載しています。>

     「のと未来会議」は、2030年、能登町に若者が集まってくる町になるために、町民と行政が一緒になり、交流し学びながら能登町の未来を「自分ごと」として話しあえる場です。町は11月から「のと未来会議」を継続開催していきます。
     第1回は、町の課題を学びの場に生かした、島根県の離島・隠岐島「海士町」の「全国から若者が集まってくる」成功事...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年10月31日(水曜日) 15時57分

  • 障害者優先調達推進法について

     国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)第9条第1項の規定に基づき、「平成30年度能登町における障害者就労施設等からの物品等調達方針」及び平成29年度の実績を公表いたします。

     この法律は、障害者の自立をの促進を図るため、国や独立行政法人、地方公共団体等といった公的機関が、物品やサービスを調達する際、障害者就労施設等から優先的・積極的に購入するこ...

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年10月2日(火曜日) 00時00分

  • ジュニアボランティア

    聴覚障害のある方たちと気持ちを伝えあえる楽しさを知るため、聴覚障害のある方々の就労支援事業所やなぎだハウスの方々と交流を行う。
    第1回は、紙芝居を通して聴覚障害について知る。ヘッドホンを装着し、耳が聞こえないことを疑似体験し、何を感じ、どう接すればいいのかを学んでいく。

    第2回は、やなぎだハウスを訪問し、聴覚障害のある方々と触れ合う。

    第3回は、やなぎだハウスの皆さんをみらいセンターに招待し、...

    内浦庁舎 こどもみらいセンター 平成30年8月16日(木曜日) 08時44分

  • 第8次高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画

    介護保険制度においては、各市町村が向こう3年間の事業の方向性やサービスの見込量などを定めた介護保険事業計画を、3年ごとに策定することとされております。

    能登町では、介護保険事業計画の策定など事業運営に関し必要な事項について調査審議するための付属機関として、能登町介護保険事業計画等策定委員会を設置しています。この度、町長へ答申をした案を基に本計画を策定いたしました。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成30年7月26日(木曜日) 08時23分

  • いしかわ移住パスポートの申請受付がはじまりました

    いしかわ移住パスポート(愛称:Iパス)の申請受付がはじまりました。

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年4月5日(木曜日) 13時44分

  • 大規模な土地取引には届出が必要です。

    国民生活の基盤となる土地は、地域全体の住みやすさや自然環境との調和などを考えて、適正に利用することが望まれます。国土利用計画法は、こうした考えに基づいて乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地取引については、その利用目的などを届け出ることとしています。

    能都庁舎 企画財政課 平成29年10月2日(月曜日) 09時28分