現在の位置:ホーム > お知らせ > 「螳カ縺ョ蛛憺崕譎ゅ↓縺ッ縲∝沺蜀�髮サ隧ア繧�蜻顔衍謾セ騾√′菴ソ縺医∪縺帙s」の関連情報の一覧

お知らせ

「螳カ縺ョ蛛憺崕譎ゅ↓縺ッ縲∝沺蜀�髮サ隧ア繧�蜻顔衍謾セ騾√′菴ソ縺医∪縺帙s」の関連情報」には29件の情報があります。

  • 婦人科外来診察日変更のお知らせ

    5月1日(火)から
    婦人科外来の診察日が
    第1・第3・第5の火曜日に変更となりました。

    公立宇出津総合病院 公立宇出津総合病院 平成30年4月26日(木曜日) 08時11分

  • 能登高校を応援する会について

    能登高校を応援する会は、会員を募集しています。
    年会費は、個人2千円、団体5千円からです。

    年会費は、部活動や生徒募集活動などにあてられます。
    会員には、能登高校の行事や活動を報告する「能登高だより」を送付させていただきます。
    能登町唯一の高等学校、能登高校を応援してください。
    入会申し込みは、能登高校事務所内または役場能都・柳田・内浦の各サービス窓口か、ふるさと振興課地域戦略推進室及び支所で受...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年4月10日(火曜日) 20時33分

  • 「エコギフト」事業で鵜川小学校、柳田小学校がダブル受賞

     自主的・積極的に環境保全活動に取り組む学校や地域を評価し、特に優れた活動を行っている学校等に対する平成24年度「エコギフト」の贈呈式が、12月25日に石川県庁19階の展望ロビーで開かれました。
     能登町からは、鵜川小学校が金賞を、柳田小学校が奨励賞を受賞し、優良事例報告では、鵜川小学校の代表児童4人が、6年生で結成する環境保全の推進母体である「環境を守り隊」の活動について発表しました。

    能都庁舎 住民課 平成30年3月30日(金曜日) 15時59分

  • 空きびんの出し方

     飲料・食品用の空きびん(ワイン、酒、ジュース、ジャム、のり等)が収集の対象となります。次のルールを守り、円滑な収集処理にご協力をお願いします。

    能都庁舎 住民課 平成30年3月30日(金曜日) 15時48分

  • 鵜川公民館が「エコギフト地域版大賞」を受賞

     自主的・積極的に環境保全活動に取り組む学校や地域を評価し、特に優れた活動を行っている学校等に対する平成25年度「エコギフト」の贈呈式が、12月25日に石川県庁19階の展望ロビーで開かれました。
     能登町からは、鵜川公民館が最優秀の「エコギフト地域版大賞」を受賞し、優良事例報告では、グリーンカーテンの普及やごみの削減、省エネ・節電への取り組みなど、地元住民や学校、企業と連携を密にした「地域のコーデ...

    能都庁舎 住民課 平成30年3月30日(金曜日) 15時47分

  • 「いしかわ版環境ISO」「エコ保育所」の認定について

     「いしかわ版環境ISO」は、ごみの減量化や二酸化炭素排出量の削減などの環境保全活動に、自主的・積極的に取り組む地域や学校などを認定する石川県独自の制度です。
     また、こうした環境保全活動の取り組みの推奨と地域・家庭への波及効果を図るため、「エコ保育所・幼稚園」の認定制度も設けています。
     能登町では、「地域版」「学校版」「連携モデル地区」「エコ保育所」として、次の団体が認定を受けています。

    能都庁舎 住民課 平成30年3月30日(金曜日) 15時45分

  • 地域おこし協力隊募集!(能登高校魅力化プロジェクト)

     日本で初めて世界農業遺産に登録された「能登の里山里海」、この能登半島に能登町はあります。
     伝統の祭礼や、独特の発酵文化が根付くこの町でも、人口減少や少子高齢化が進行し、町内に唯一存在する石川県立能登高等学校も生徒数が減少してきております。このまま生徒減少が続くと、高校の存続が危ぶまれることとなり、危機的状況です。町内から高校がなくなるということは、地域の活力が失われ、衰退を招くものと認識してお...

    能都庁舎 ふるさと振興課地域戦略推進室 平成30年3月30日(金曜日) 14時17分

  • のっとりんバッジ第2弾!

    能登町イメージキャラクター「のっとりん」のバッジ第2弾ができました!

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成30年1月17日(水曜日) 14時34分

  • 町長のページ

    能登町長あいさつ

    能都庁舎 秘書室 平成29年10月23日(月曜日) 08時44分

  • 大規模な土地取引には届出が必要です。

    国民生活の基盤となる土地は、地域全体の住みやすさや自然環境との調和などを考えて、適正に利用することが望まれます。国土利用計画法は、こうした考えに基づいて乱開発や無秩序な土地利用を防止するために、一定面積以上の大規模な土地取引については、その利用目的などを届け出ることとしています。

    能都庁舎 企画財政課 平成29年10月2日(月曜日) 09時28分