現在の位置:ホーム > お知らせ > 「驕擾スウ陝セ譎画=邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ邵コ�スョ陋ケ?鬨セ�ス」驍ィ�ス。陷顔「托スュ�スー闔ィ?」の関連情報の一覧

お知らせ

「驕擾スウ陝セ譎画=邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ邵コ�スョ陋ケ?鬨セ�ス」驍ィ�ス。陷顔「托スュ�スー闔ィ?」の関連情報」には69件の情報があります。

  • いしかわ農業振興協議会総会で表彰式

    いしかわ農業振興協議会の総会は6月8日、金沢市内で開かれ、「中核農家経営改善・事業多角化及び地域農業振興共励会」の経営改善・事業多角化部門の優秀賞に選ばれた鶴町の柴野立太さんに谷本県知事から表彰状が授与されました。
    柴野さんは、立地条件を最大限に活用した飼料作物の輪作体系を導入するなどで高所得を得ており、草地型酪農のモデル経営として高く評価されています。

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年6月17日(水曜日) 16時10分

  • 平成26年に営農開始の能登牧場

    県産ブランド和牛「能登牛(のとうし)」を飼育する泉にある能登牧場の初出荷報告式は6月5日、役場能都庁舎で行われ、平林勲社長が5月21日に2頭を初めて出荷したことを持木町長に説明しました。
    式には、同牧場の平林将専務取締役や県生産流通課の担当者らも同席。平林社長は「想定していたよりも高い肉質と評価され高値が付いた」と話し、2棟目の牛舎建設に向けて意気込みを語りました。

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年6月12日(金曜日) 09時20分

  • 北陸新幹線開業にあわせ 都内で「のとキリシマツツジ展」

    北陸新幹線金沢開業にあわせて3月10日から6日間、特別名勝「六義園」のサービスセンター(東京都文京区)で開催した「能登の秘花~のとキリシマツツジ展~」は3千人の来場者で賑わいました。
    会場には、推定樹齢が350年の「紫霧島(むらさききりしま)」と呼ばれるピンク色の花を付ける盆栽など6点と鉢植え10点が展示され、盆栽の横には能登石が置いてあります。来場した人たちは花と自然石のコントラストも楽しんでい...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成27年3月30日(月曜日) 13時19分

  • 天領庄屋「中谷家」で初の展覧会

    黒川の天領庄屋「中谷家」(県有形文化財)の活用を目指す有志らは10月11~19日まで、活用策の第1弾として能登の作家5人による作品展「能登・も
    のづくり展」を開きました。
    中谷家は江戸時代初期~末期の建築。昭和51年から観光客に開放され、前当主の中谷和夫さんが平成23年7月に亡くなって以降は閉鎖されています。現当主の直之(ただゆき)さんは、中谷家がかつて地域の文化振興を支えたとされることにちなんで...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年11月20日(木曜日) 08時52分

  • 商工業者有志らのグループ

    町内の商工業者有志らでつくるグループ「能登ライジングパートナー」は10月28日、首都圏などの飲食業関係者に奧能登の魅力を伝える「能登の食材探訪ツアー」を1泊2日の日程で実施しました。
    東京のレストラン経営者やフードアナリストの雅珠香(あすか)さんら14人が参加。能登牛のしゃぶしゃぶステーキや能登杜氏のお酒を味わい、(株)ヤマトではいしりを使った一夜干しなどについて説明を受けました。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年11月17日(月曜日) 08時33分

  • あなたの再就職を応援します

    能登産業技術専門校では、あなたの再就職を支援します。

    訓練期間6か月 前期:4月~9月、後期:10月~3月

    離転職者等に的を絞り、円滑な再就職の促進と入校機会の増を図るため、訓練期間を短期間に設定してあります。また、造園科など能登地域の雇用事情に配慮した科目設定を行い、地域活性化のキーステーションとして人材の育成を図ります。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年11月7日(金曜日) 09時44分

  • 石川高専生 庄屋屋敷の詳細図面作製へ

    石川高専建築学科の村田一也准教授ゼミが、黒川の県指定有形文化財・天領庄屋「中谷家」の図面を作製するために実測調査を始めました。
    江戸時代に建てられた中谷家は老朽化が進んでいるうえ、詳細な図面が残っていないため、ゼミ生11人が将来的な改修を見据えて今年度内に図面を仕上げます。調査を縁に地元住民と交流を図り、若者目線で建物の活用策も考えます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年9月29日(月曜日) 08時38分

  • 金沢星稜大が過去最多の助っ人

    金沢星稜大の学生94人が9月16日、柳田白山神社の例祭「柳田大祭」に参加し、住民と4基のキリコを運行して祭りを活気付けました。
    同大は平成21年から祭りに参加しており、今年の学生は過去最多です。受け入れを担当した日詰脇地区宮総代の井口隆彦さんは「祭りを盛り上げてくれる若い力はありがたい。能登の人たちが誇り、守り続ける祭り文化の奥深さを感じてほしい」と話しました。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年9月24日(水曜日) 17時13分

  • 兼六園にのとキリシマツツジ植樹

    兼六園の時雨亭前の園地に6月26日、のとキリシマツツジが植栽されました。4月下旬から5月上旬に真っ赤な花が咲き、名園に彩りを添えます。

    高さ80センチの3株を寄せ植えしました。5月上旬に白い小さな花を付けるドウダンツツジが隣にあり、開花時期が重なれば、赤と白の鮮やかな対比が楽しめます。
    石川県が植樹工事を行い、樹木の選定では町内のNPO法人「のとキリシマツツジの郷」と協議しました。植樹に立ち会っ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年6月30日(月曜日) 08時33分

  • サミット開催で記念植樹

    5月4日に開催された「第1回全国キリシマツツジサミットin能登」の参加者約20人は5月5日、柳田植物公園で、サミットの開催を記念して各地のキリシマツツジを植栽しました。

    奧能登2市2町のほか、鹿児島県霧島市と宮崎県えびの市、群馬県館林市の自治体や団体の関係者が参加しました。
    それぞれの地元から持ち寄った樹齢3~30年、高さ0.5~1.2mほどの「本霧島」や「紅重(べにがさね)」など9本が植えられ...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成26年5月28日(水曜日) 08時19分