現在の位置:ホーム > お知らせ > 「邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ驍丞調�スィ蠑ア縲帝妙�スス騾具スサ騾包スコ郢ァ雋橸スソ諛域割邵コ蜉ア窶サ邵コ荳岩味邵コ霈費シ�?�スシ?」の関連情報の一覧

お知らせ

「邵コ�スオ郢ァ荵晢シ�邵コ�スィ驍丞調�スィ蠑ア縲帝妙�スス騾具スサ騾包スコ郢ァ雋橸スソ諛域割邵コ蜉ア窶サ邵コ荳岩味邵コ霈費シ�?�スシ?」の関連情報」には100件の情報があります。

  • 能登の里海シリーズ講座

    能登町と国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニットが主催する「第5回能登の里海シリーズ講座」は9月17日、国民宿舎能登やなぎだ荘で開かれました。
    テーマは「里山と里海の仲人 ~能登地域の暮らしを支える里川~」。地域の暮らしや食文化、環境を含めた視点で川の役割について考えるこの講座には約60人が参加しました。

    初めに九州大学大学院の清野聡子(せいの・さとこ)准教...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年12月5日(月曜日) 13時13分

  • 中山吉男さんら3人が「ふるさとの匠」

    県の「ふるさとの匠」に認定された宇出津の洲崎一男さんと上町の中正道さん、国重の中山吉男さんは10月18日、役場能都庁舎を訪れ、高雅彦副町長に認定を報告しました。

    「ふるさとの匠」は、農村や漁村で高い技術を磨き、地元文化の継承に携わる県民をたたえる制度。
    洲崎さんは宇出津発祥の伝統娯楽「ごいた」、中さんは収穫に感謝して田の神様を迎え、送り出す農耕儀礼「あえのこと」の伝承に取り組み、中山さんはマツタ...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年10月21日(金曜日) 18時00分

  • 公益信託能登町エンデバーファンド21

     

    能都庁舎 企画財政課 平成28年9月27日(火曜日) 11時37分

  • 能登町まちづくり合宿等助成金

     能登町まちづくり合宿等助成金は、能登町の交流人口拡大と活性化を図るため、町内の宿泊施設(キャンプ場、少年自然の家、姫交流センターを含む簡易宿泊施設等を除く。)を利用し、能登町に滞在する5人以上(教員等の引率者を除く人数とする。)の学生の団体に対して交付するものです。

     平成27年4月1日から送客バスの助成金制度(運転手付きの借上げバスに限り、運転手、高速道路料金を含む経費を最大20%助成するも...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年9月1日(木曜日) 17時11分

  • 江戸時代の農具、水生生物の標本など展示

    当目地区の住民グループ「夢を語る会」は7月16日、旧当目小学校を地域の自然や歴史を伝える「里山稲作農林資料館」として開館しました。

    能登半島地震による取り壊しを免れた教室棟の一階には、江戸時代に普及した米ともみ殻を選別する木製の唐箕や脱穀用の千歯扱きなど、伝統的な農機具180点を並べました。使用経験のあるお年寄りが解説用のイラストを添えています。
    二階では、前身の当目中学校が初任地で、現在当目に...

    柳田庁舎 農林水産課 平成28年7月21日(木曜日) 09時23分

  • 「第21回ふるさとイベント大賞」の募集について

    「第21回ふるさとイベント大賞」の募集について

    能都庁舎 企画財政課 平成28年7月8日(金曜日) 15時46分

  • 創業支援事業計画について

     

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成28年6月27日(月曜日) 08時51分

  • 能登町第二次総合計画について

     「能登町第二次総合計画」は、町の最上位計画として、長期的展望に立つ総合的なまちづくりの指針となるものです。
     この計画は、第一次総合計画が平成28年3月で計画期間が満了することに伴い、平成28年度から平成37年度までの10年間の新たな計画として策定したものです。

    能都庁舎 企画財政課 平成28年4月20日(水曜日) 13時26分

  • 春蘭の里など 重要里地里山に認定

    環境省は平成27年12月18日、貴重な生物の生息場所や里山保全の先進的な取り組みを行う地域を認定する「生物多様性保全上重要な里地里山(重要里地里山)」に全国500カ所を選定しました。
    能登町からは「岩井戸地区」「春蘭の里」「小木地区」の3カ所が選ばれました。
    環境保全の必要性が大きい里山や保全活用のモデルとなる先進地を認定することで、保全を促進させることが狙いです。また、地域における農産物のブラン...

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年12月24日(木曜日) 11時15分

  • 農林水産省 「ディスカバー農山漁村(むら)の宝」を選定

    農林水産物や景観などを生かした地域活性化の成功事例「ディスカバー農山漁村の宝」を選ぶ政府の有識者懇談会は9月30日、春蘭の里実行委員会を含む27団体を選定しました。

    春蘭の里実行委員会の地区概要は次のとおりです。
    〔キャッチフレーズ〕
      みんなの探しものが見つかるむらづくり
    〔取組概要〕
      ●黒瓦、白壁などの住宅景観や地域住民の生活様式といった、地域の景観や伝統を地域の宝として農家民宿・体験...

    柳田庁舎 農林水産課 平成27年10月20日(火曜日) 14時56分