現在の位置:ホーム > お知らせ > 計画[計画]の一覧

お知らせ

計画[計画]」には34件の情報があります。

  • 能登町第二次総合計画について

     「能登町第二次総合計画」は、町の最上位計画として、長期的展望に立つ総合的なまちづくりの指針となるものです。
     この計画は、第一次総合計画が平成28年3月で計画期間が満了することに伴い、平成28年度から平成37年度までの10年間の新たな計画として策定したものです。

    能都庁舎 企画財政課 平成28年4月20日(水曜日) 13時26分

  • 第2次能登町男女共同参画行動計画

     平成21年3月「能登町男女共同参画プラン(第1次行動計画)」を策定し男女共同参画社会の推進を図ってまいりました。
     しかしながら、女性の政策・方針など意思決定への参画や労働分野、家庭内などでの推進速度は緩やかで、従来からの固定的な役割分担意識は根強く残っており、男女共同参画社会の実現に向けては、解決すべき課題が山積しています。
     このようなことから、本町における男女共同参画社会の形成が一層図られ...

    内浦庁舎 教育委員会事務局 平成28年4月1日(金曜日) 00時00分

  • 能登町教育振興基本計画(平成27年3月策定)

     教育基本法第17条第2項の規定に基づき、県の教育振興基本計画及び国の第2期教育振興基本計画を参酌し、能登町の総合計画との整合性を保ちながら、平成27年3月に「能登町教育振興基本計画」を策定しました。
     「能登町教育振興基本計画」は、本町教育委員会が所管する学校教育や社会教育、社会体育に関する施策や事業を対象とした教育行政の重要な柱となる計画です。これまで実施してきた魅力ある教育を推進することを基...

    内浦庁舎 教育委員会事務局 平成27年6月8日(月曜日) 08時34分

  • 第3次能登町行政改革大綱

    能都庁舎 総務課 平成27年3月19日(木曜日) 09時54分

  • 第3次定員適正化計画

    能登町においては、厳しい財政状況の中、人件費を抑制し経常的な行政コストを下げるため、定員管理の適正化に取り組んできました。

    これまでは、平成21年8月に策定した第2次定員適正化計画により、平成27年4月1日現在の職員を403名とするよう着実に取り組んできたところです。

    しかし、国より雇用と年金の接続に関する要請がなされたことにより、再任用職員の配置も勘案した計画を作成する必要が生じました。

    ...

    能都庁舎 総務課 平成26年12月25日(木曜日) 08時52分

  • 町立小中学校の耐震化計画

    能登町の町立小中学校の耐震化計画について公表します。
    詳細については「町立小中学校の耐震化計画」ファイル
    にてご確認ください。

    内浦庁舎 教育委員会事務局 平成24年8月31日(金曜日) 13時28分

  • 第5期 能登町介護保険事業計画

    平成24年3月、第5期能登町介護保険事業計画(第6次高齢者保健福祉計画)を策定しましたので、公表します。計画期間は平成24年度から平成26年度までの3年間となっております。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成24年4月10日(火曜日) 08時35分

  • 第6期 能登町介護保険事業計画

    平成27年3月、第6期能登町介護保険事業計画(第7次高齢者保健福祉計画)を策定しましたので、公表します。計画期間は平成27年度から平成29年度までの3年間となっております。

    内浦庁舎 健康福祉課 平成24年4月10日(火曜日) 08時35分

  • 能登町橋梁長寿命化修繕計画

    能登町橋梁長寿命化計画

    柳田庁舎 建設課 平成22年12月22日(水曜日) 09時08分

  • 能登町食育推進計画を策定しました

    能登町食育推進計画を策定しました。

     町民一人ひとりが生涯にわたって健康で豊かな人間性をはぐくむため、食に関する知識と食を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てる「食育」を町民運動として推進していく必要性が高まっています。
     能登町では、失われつつある「能登町の豊かな食の営み」を見直し、町民の皆さまや関係機関、団体と連携を図りながら、食育に関する施策を総合的かつ計画的に...

    内浦庁舎 健康福祉課 平成22年4月16日(金曜日) 12時01分