現在の位置:ホーム > お知らせ > 観光の一覧

お知らせ

観光」には56件の情報があります。

  • 酒樽がえし

     1斗入りの酒樽に酒を入れて供え、祝詞を田奏上、終われば島崎の網(間島)・赤倉の網(辺田ノ浜)の両網から選ばれた10名余の若者達が身をきよめ、真新しいふんどし1つの裸となり、1斗入りの酒樽をかつぎ出して、田や海の中で奪い合う。

     長島に寅御前の墓といわれる五輪塔の墓が二基あるが、源義経が奥州に渡るとき、寅御前が病気になり、伴の女3人と7つの樽に乗って流れ着いた。寅御前がそこで歿したので、伴の1人...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成23年8月30日(火曜日) 15時13分

  • イカ(加工品)

     能登町小木は、日本海側最大の冷凍イカの水揚げ地として古くから栄えてきました。
     釣り上げたイカを船内で一本一本急速冷凍する、「船内一本凍結イカ」は、日本の三大イカ釣り船団「石川船団」で誕生した方法で、全国的に有名な「ブランドイカ」に発展しています。
     イカ加工品としても、伝統的なものはもちろん、新たな商品開発も行なわれており、町の特産品として多くの方々から好評を得ています。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成23年8月15日(月曜日) 12時29分

  • いしり

    能登半島に古くから伝わる魚醤油「いしり」には、原料によって大きく2種類があります。
     富山湾に面した内浦地区では、イカの内臓(ゴロ)を原料とし、日本海に面した外浦地区では、イワシ・サバを主な原料としています。「いしり」のほかに「いしる」「よしる」などともよばれています。
     語源には諸説ありますが、魚の古語である「いお」の「汁」が転じて「イシル」「イシリ」となったなどともいわれています。
     能登町の...

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成23年8月15日(月曜日) 12時28分

  • 国民宿舎能登うしつ荘(公共宿泊施設)

     眼前には緑あふれる国定公園「遠島山公園」を、そして彼方には銀色に輝く立山連峰を望むベストロケーションという環境です。国民宿舎「能登うしつ荘」をはじめとし、コミュニティーセンター、そして、潮騒の丘には、貴賓庵「漁心庵」や、簡易宿泊施設(コテージ)も整備されています。やさしく響く潮騒に耳を傾け、母なる日本海の懐に抱かれて みませんか。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成22年3月30日(火曜日) 10時35分

  • 真脇ポーレポーレ(公共宿泊施設)

     真脇ポーレポーレは宿泊施設やレストランを備え、縄文真脇温泉と回廊で結ばれたユニークで魅力たっぷりの宿泊施設です。竪穴式住居をイメージした建物はなかば地中に埋まり、遠くからはこんもりとした丘のように見える斬新なデザインを特徴とし、自然に溶け合い縄文の息吹を感じさせてくれます。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成22年3月30日(火曜日) 10時35分

  • セミナーハウス山びこ(公共宿泊施設)

     研修宿泊施設「山びこ」は体験学習や交流の拠点です。遊び感覚で学べる「ふれあい工房」ではそばづくりや押し花づくり、キリコを担いで祭を体験するなど能登の暮らしや生活が体験できます。粉から自分でそば粉から作ったそばの味は忘れられない味になることでしょう。

    能都庁舎 ふるさと振興課 平成22年3月30日(火曜日) 10時35分