現在の位置:ホーム > お知らせ > 抗インフルエンザウイルス薬投与後の異常行動について

抗インフルエンザウイルス薬投与後の異常行動について

最終更新日:平成29年12月6日(水曜日) 0時00分 コンテンツID:2-21-11830

〇抗インフルエンザウイルス薬の種類や服用の有無によらず、インフルエンザと診断され治療が開始された後、少なくとも2日間は、保護者の方等は未成年のお子さんが一人にならないように配慮しましょう。
〇異常行動が発生した場合でも、お子さんが容易に住居外に飛び出さないための保護対策を講じましょう
(1)高層階の住居の場合
・玄関や全ての部屋の窓の施錠を確実に行いましょう(内鍵、補助錠がある場合はその活用を含みます)
・ベランダに面していない部屋で寝かせましょう
・窓に格子のある部屋で寝かせましょう(窓に格子がある部屋がある場合)
(2)一戸建ての場合
・(1)に加え、できる限り1階で寝かせましょう


お問い合わせ先

健康福祉課

〒927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地

電話番号:0768-72-2500

FAX番号:0768-72-8002

関連情報

くらしの情報

医療・福祉・健康・子育て 医療

情報発信元

内浦庁舎  健康福祉課

住所:927-0695 石川県鳳珠郡能登町字松波13字75番地

電話番号:0768-72-2500

FAX番号:0768-72-8002