現在の位置:ホーム > お知らせ > とも旗祭り(石川県指定無形民俗文化財)

とも旗祭り(石川県指定無形民俗文化財)
  

最終更新日:平成27年3月16日(月曜日) 16時13分 コンテンツID:2-10-2783

印刷ページへ遷移

祭り中の小木湾を見下ろす

大のぼりを乗せた船を短冊や吹き流しで飾り付ける

神輿を載せた「御座船」が先導する

<とも旗祭りの起源>
 明治中期、子供等が大漁と安全を祈願し、紙で継いだ小さな旗に船名を書きそれを伝馬船に立てて遊んでいました。後に神輿の港内渡御に運航する事が慣例となり、現在のとも旗祭りとなったと言われています。
 祭り当日は、北東から風が吹き、祭りが終わる頃には南西の風に変わり豊漁になると伝えられています。
 石川県の文化財に指定されたのを期に、地域を挙げて参加する素晴らしい祭りとなりました。海上に20m余りのとも旗が風を受けて、ひるがえる様子は、まさに圧巻の眺めで魂を揺さぶります。

並んだ大のぼりは圧巻の眺め

湾内には多くの観光客が

開催日 /毎年5月2・3日
開催場所/能登町小木地区(小木港〜九十九湾)

<スケジュール>
 2日:6:00〜、14:30〜
 3日:6:00〜、 7:00〜、13:00〜


笛や太鼓で囃し立てる

2日に夜間の巡行を行う町内も

お問い合わせ先

ふるさと振興課

〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532

関連ファイル

関連情報

観光情報

観光 まつり

最終更新日:平成27年3月16日(月曜日) 16時13分 コンテンツID:2-10-2783

印刷ページへ遷移

情報発信元

能都庁舎 ふるさと振興課  

住所:〒927-0492 石川県鳳珠郡能登町字宇出津新1字197番地1

電話番号:0768-62-8532